healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

線維筋痛症の症状を抑える薬

線維筋痛症の薬物療法に用いられることが多い薬

線維筋痛症は原因不明の病気なので、全身の痛みをはじめとする各症状を抑えることが、治療の中心となる。
線維筋痛症の治療には、薬を用いる「薬物療法」と、精神療法や運動療法などの「非薬物療法」の2つがあり、両方をあわせて行うことが勧められている。
ここでは、線維筋痛症の薬物療法に用いられることが多い薬と、その特徴について紹介する。
これらのほかにも、症状に応じて抗不安薬や睡眠導入薬、医療用麻薬などが用いられることがある。

線維筋痛症の薬

種類 薬剤名 特徴
抗うつ薬 三環系抗うつ薬(TCA) 古くからうつ病の治療に用いられてきた飲み薬。痛みを抑え、線維筋痛症の症状のひとつである、気持ちの落ち込みを改善させる効果をもつ。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) 痛みを抑える効果と、気持ちの落ち込みを改善させる効果がある飲み薬。三環系抗うつ薬(TCA)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と比べると、痛みを抑える効果は弱いとされている。
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI) 痛みを抑える薬と、気持ちの落ち込みを改善させる効果がある飲み薬。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)より、痛みを抑える効果は強い。
神経性疼痛緩和薬 プレガバリン 糖尿病による神経障害や、帯状疱疹による神経痛の治療に用いられる飲み薬。米国では線維筋痛症の治療薬として認められていて、全身の痛みを抑える働きがあるとされている。日本では、線維筋痛症の治療薬としてはまだ承認されていない(2012年4月現在)。
抗けいれん薬 ガバペンチン プレガバリンと同じように作用する薬。ただし、同じ程度の効果を期待するには、プレガバリンの3〜4倍の量を飲む必要がある。日本では、線維筋痛症の治療薬としてはまだ承認されていない(2012年4月現在)。
鎮痛薬 ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液 痛みを抑える効果がある飲み薬および注射薬。帯状疱疹による神経痛や、腰痛の治療などにも用いられる。線維筋痛症の治療薬として使用する場合は保険が適用されない。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。