healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

線維筋痛症とは?

全身を激しい痛みが襲う、原因不明の病気

全身を激しい痛みが襲う「線維筋痛症」

肩こりや筋肉痛など、体の特定の部位に痛みを感じることは、日常生活を送るうえで決して珍しくない。一時的な痛みであれば、安静にしたり、湿布薬の力を借りたりすることで、治まるようになるだろう。それに対して、全身を激痛が襲う「線維筋痛症」(せんいきんつうしょう)という病気では、そのような対処が通用しない。

線維筋痛症の痛みは激しく、3ヵ月以上も続くため、病気の程度によっては寝床から起き上がることができないケースもある。また、疲労感やうつ病などの精神症状、痛みによる不眠、ドライマウスなど、痛みのほかにもさまざまな症状を伴う。
線維筋痛症は、なぜ発症するのか。その原因は、いまだ不明のままとなっている。

発症のきっかけは外傷やストレスなど

線維筋痛症は原因が不明なことに加え、一般的にも、その認知度は高いとは言えない。そのため、痛みなどの症状に苦しむ患者さんがいろいろな診療科をまわる「ドクターショッピング」の状態になり、診断までに時間がかかってしまうことが多い。

はっきりした原因はわかっていないものの、細菌やウイルスなどから体を守る免疫と呼ばれる仕組みや、神経の働きなどに異常が生じることで、激しい痛みを感じるようになるということまではわかっている。また、線維筋痛症を引き起こすきっかけも、ある程度明らかにされていて、次のように分類することができる。

線維筋痛症を発症する主なきっかけ

  • ●遺伝的な要因
    親子や双子の兄弟など、近い身内に線維筋痛症の患者さんがいる場合、発症する確率が比較的高くなると考えられている。
  • ●外部からの要因
    外傷やウイルスの感染など、体の外側から起きたできごとが引き金となって、線維筋痛症を発症することが確認されている。また、むちうち症などの骨に関わる病気のほか、抜歯や外科手術などの治療を受けることによって引き起こされることもある。
  • ●心理的な要因
    精神的なストレスを抱えることも、線維筋痛症を発症するきっかけとなる。離婚や肉親との死別のほか、解雇や転職などの仕事に関すること、経済的な問題などに直面すると、大きなストレスを抱えることになり、発症しやすい。成年に達するまでに受けた虐待やいじめなども、きっかけとして考えられる。

…など

患者さんの多くは女性だが、その理由も不明

線維筋痛症の患者さんは、日本国内に200万人以上いると推定されている。この病気の特徴として挙げられるのが、患者さんの多くを女性が占めているということ。日本では、女性が男性の4.8倍だと言われている。ただし、欧米では女性が8〜9倍だと言われているため、それと比べれば男性の割合は多い。この欧米との違いがなぜ生じているのかについても、現在のところ理由は不明のままとなっている。

年齢別で見ると、患者数がもっとも多くなるのは50歳代。年齢とともに増えていく傾向があるが、小児科を受診する年齢で発症が認められることもある。

日本国内の線維筋痛症患者数

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。