healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

花粉症薬のキーワード
「インペアード・パフォーマンス」とは?

取材協力:東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野教授 谷内一彦先生

花粉症の薬の基本「抗ヒスタミン薬」に詳しくなろう!

花粉症治療に欠かせない薬。その中心となる抗ヒスタミン薬について、詳しく紹介しよう。

現在医師が処方している抗ヒスタミン薬の多くは第二世代と呼ばれるもので、鼻の粘膜でくしゃみ、鼻水などを引き起こす原因のひとつである「ヒスタミン」をブロックする作用のあるものだ。作用持続時間が長く、効果が高いものが多いのが特徴だろう。ちなみに薬局で購入できる薬はほとんど第一世代と呼ばれるもの。作用持続時間が比較的短い。

抗ヒスタミン薬の作用

谷内先生に聞いた!もっと知りたい花粉症の薬

花粉症による鼻水や鼻づまりといった症状は、鼻の粘膜でヒスタミンという物質が増え、鼻の血管や神経を刺激することによって起こります。抗ヒスタミン薬は鼻の粘膜にあるヒスタミン受容体と呼ばれるカギ穴に先回りして入り込み、ヒスタミンをブロックすることで症状が起こるのを防ぐ薬です。

ヒスタミンは鼻の粘膜ではくしゃみや鼻水を引き起こしますが、脳内では集中力を高めたり、日中眠くならないように作用しています。しかし、抗ヒスタミン薬を服用すると、鼻の粘膜だけでなく、脳内のヒスタミンもブロックしてしまうことがあります。脳には脳血液関門というものがあり、勝手に脳内に薬が入り込まないようになっているのですが、古いタイプの抗ヒスタミン薬はこの関門を簡単に通り抜け、大量に脳内に入り込んでしまうものがあります。

花粉症の薬の弱点は克服できるのか!?

抗ヒスタミン薬は第一世代から数えて約50年もの歴史がある薬。その高い効果で、花粉症だけでなく、さまざまなアレルギーのつらい症状を緩和し続けてきた。しかし、残念ながら弱点もある。なかでももっとも知られているのが「眠気」だろう。くしゃみ、鼻水を抑えるために薬を飲んでも、眠気が出てしまって、大事な席でうとうと、行楽地に向かう車の運転ができない…なんてことになっては意味がない。

また最近では、眠気以上に「インペアード・パフォーマンス」と呼ばれる集中力・判断力・作業効率の低下が話題となっている。では、この「眠気」や「インペアード・パフォーマンス」といった弱点は、つらいくしゃみ、鼻水を抑えられるなら仕方のないこととあきらめなくてはいけないのだろうか。

谷内先生に聞いた!もっと知りたい花粉症の薬

抗ヒスタミン薬で強い眠気が起こったり、インペアード・パフォーマンスと呼ばれる集中力、判断力、作業効率の低下が起こるのは、活動性を高めている脳内のヒスタミンを抗ヒスタミン薬がブロックしてしまうからです。インペアード・パフォーマンスは「気づきにくい能力ダウン」と言われています。これは、自身の集中力・判断力・作業効率が低下していることに気づきにくいだけでなく、その症状が抗ヒスタミン薬を服用したことによる影響とは気づきにくいこと、また本人だけでなく、周囲の方もそのような症状や原因に気づきにくいという意味も含んでいます。

また、眠気やインペアード・パフォーマンスが起こることで、薬が効いていると感じている方もいるようですが、これは錯覚で、効果と副作用の程度に関連性はありません。最近では、高い効果を持続しながら、脳内に移行しにくい薬もありますので、まずは医師に相談してほしいと思います。

もっと知りたい!「インペアード・パフォーマンス」

急ぎの仕事なのに効率が上がらない

「インペアード・パフォーマンス」は、たとえば、いつもなら終わっているはずの仕事の量なのに、なぜか集中できない、急ぎの仕事なのに効率が上がらないといったことが、その一例として挙げられる。しかし、効率が低下していることに気づきにくく、気づいてもそれが薬による影響だと思わないことが多いという。

本人も気づかないうちに集中力・判断力の低下が起きているというのはなんだかこわい話だが、最近は新しい薬が開発され、脳内に移行しにくく、眠気やインペアード・パフォーマンスが起こりにくいものがあるという。すでに今年の花粉シーズンもピークを迎えている。早めに医師に相談して、自分に合った薬を服用しながら、花粉症と上手につき合おう。

谷内先生に聞いた!もっと知りたい花粉症の薬

眠気も薬が脳内に移行することによって起こりやすくなりますが、移行する割合と眠気の強さは必ずしも比例しません。一方、インペアード・パフォーマンスは脳内に薬が移行する割合に比例して起こります。そのため、薬が脳内に大量に移行しても、眠気は感じないが、インペアード・パフォーマンスは起こっているという危険な状態も起こり得ます。脳内に移行しやすい抗ヒスタミン薬では、眠気を感じていないときほど、インペアード・パフォーマンスに注意する必要があるのです。

とくに仕事や勉強に集中したいとき、危険な作業を行うときなどは、医師に相談し、眠気はもちろん、インペアード・パフォーマンス(気づきにくい能力ダウン)が起こりにくい、脳内に移行しにくい抗ヒスタミン薬を処方してもらうことが大切です。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。