healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

目指せ!花粉症に負けないボディ
予防効果を高めるおすすめ対策はこれ!

基礎ならずして、花粉症の予防なし!

毎年春を迎えると涙目や鼻水、くしゃみに悩む…そんな花粉症患者は全国で約2000万人と言われている。 花粉症になっていない人でも、この季節が来るたび「今年は危ないのでは…」と不安になってしまうもの。 しかし、生活習慣の改善で、花粉症にならない、もしくはなってしまっても症状が出にくい体づくりはできる。心配するよりまずは実践。 生活習慣を見直してみよう。

あなたはできている?花粉症を防ぐ生活習慣十ヵ条

  • 第一条 ファーストフードやインスタント食品をなるべく控える
  • 第二条 緑黄色野菜や豆類などを積極的に摂り、栄養バランスの良い食生活を送る
  • 第三条 1日3食をなるべく決まった時間に摂る
  • 第四条 睡眠不足にならないよう、規則正しい生活を送る
  • 第五条 花粉予報は毎日欠かさずチェックする
  • 第六条 外出時はなるべくマスクやメガネを着ける
  • 第七条 花粉の飛散量が多い日には、セーターなど目の粗い衣類の着用は避ける
  • 第八条 帰宅時には玄関前で、必ず花粉を払ってから家に入る
  • 第九条 帰宅後はまず顔や手をよく洗い、うがいをする
  • 第十条 窓を開けて換気をする場合は、花粉の飛散が少ない時間帯を選ぶ

こんな食材にも注目!非“花粉症”食生活の極意

食の欧米化により高たんぱく、高脂肪な食事が増えたことも、花粉症の原因のひとつと言われている。 少しでも症状を改善したいなら、まずは和食を中心に、いろいろな種類の食材をバランスよく食べることからはじめよう。また、最近は、青魚の脂肪に多く含まれているDHAEPAにアレルギー反応を抑制する効果があるとも言われている。肉や卵は控え目に、たんぱく質は青魚や大豆などから摂るよう心がけたい。

また、花粉症の症状を抑えるのに有用とされる食材の研究も進んでいる。なかでもポリフェノールは、ヒスタミンなどの化学物質の発生を抑制し、活性酸素を除去してくれる強い味方である。 上手に利用して、悩み知らずのシーズンを迎えよう。

厳選!花粉症対策おすすめ成分

シソの葉・実

この成分に注目!:α-リノレン酸、フラボノイド

シソの葉・実

シソは、古くから生薬としても使われてきた香味野菜の代表格。実から抽出される油にはα-リノレン酸が豊富に含まれ、アレルギーを引き起こす原因物質のひとつであるロイコトリエンの生成を抑えてくれる。また、実と葉の両方に含まれるフラボノイドは、IgE抗体を作り出すヒアルロニダーゼやシクロオキシゲナーゼなどの酵素のはたらきを妨げ、過剰になった免疫反応を正常に戻してくれる。ジュースにしてよし、料理に使ってもよし。花粉症対策における万能選手だ。

甜茶

この成分に注目!:甜茶ポリフェノール

甜茶

甜茶は、中国で古くから旧暦の正月(春節)に飲まれているお茶で、バラ科、アカネ科、ブナ科、ユキノシタ科の4種類がある。そのなかでバラ科の甜茶「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)」だけに含まれる甜茶ポリフェノールが、ヒスタミンの過剰な分泌の原因となる物質「シクロオキザーゼ」の活性を妨げ、つらい症状をやわらげてくれる。

バラの花エキス

この成分に注目!:オイゲニイン

バラの花エキス

中国では古くから、バラのつぼみがお茶として飲まれ、健康、美容によいとされてきた。そのバラの花びらから加熱抽出されるエキスに含まれているのが、「オイゲニイン」という成分。ポリフェノールの一種で、IgE抗体と肥満細胞が結合するのを防ぎ、ヒスタミンの放出を抑えてくれる。

これらの成分は単独で摂るのはもちろん、複数を一緒に摂ることで、多方向からの効果的なアプローチが期待できる。そのため最近では、一度に複数の成分が摂れる「複合サプリ」も登場している。症状が出る前から、予防として利用するのがおすすめだ。

“吸い込まない、持ち込まない”花粉ブロック術

食生活の改善で、体のなかから花粉症対策を行うと同時に、その悩みのもとである「花粉」を吸い込まない、家に持ち込まないための対策も重要になる。

花粉の行方に先手を打とう!

この時期の外出は、花粉を吸い込まないよう、マスクやメガネを身に着けるようにし、花粉が付着しにくい素材の洋服を着よう。また、髪についた花粉は落としにくいので、帽子をかぶるのもひとつの方法。乾燥で髪が傷んでいると花粉が付着しやくなるので、髪のケアも念入りに。

「ついたらすぐ落とす」の原則

完全防御したつもりでも、どこからか付着してしまうやっかいな花粉。そこで徹底したいのが「ついたらすぐに落とす」こと。花粉を払い落としてから家に入り、すぐに手や顔を洗い、うがいをする習慣を。空気の入れ替えを行う場合も、花粉の飛散が少ない時間帯を選ぼう。毎日の生活習慣が花粉症対策の命運を分けるのだ。

さらに完璧を目指せ!ミストで花粉を追い払おう!

ミストで花粉を追い払おう

知らず知らずのうちに洋服に付着し、家のなかに入り込む花粉。 まずは家に持ち込まないことが大切だ。そこで活躍するのが、ついてしまった花粉を逃さずキャッチしてくれるスプレーミスト。 花粉症の予防や軽減を応援する、お役立ちグッズを賢く活用しよう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。