healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

今年も飲まれそうな人への処方箋

百薬の長「お酒」はスゴイ!

何かとお酒を口にすることが多い、このシーズン。帰宅が午前様になったり、祝日だからと気が緩み、連日、昼酒を飲んでしまう…なんて人もいるのでは。
「百薬の長」という言葉もある通り、お酒は健康にいいともされている。「まったく飲まない」よりも、「ほどほどに飲む」ほうがいいというデータもある。1日に日本酒換算で1〜2合程度の飲酒をする人が、心疾患や事件・事故などの死亡リスクが一番少ないというのだ。グラフに表したときの形から、これを「Jカーブ」と呼んでいる。
年末年始はお酒を飲む機会は多いが、ぜひ肝臓をいたわりつつ、スマートにお酒を楽しみたいもの。くれぐれも「百薬の長」という言葉に甘えず、適量を守って飲むようにしよう。

「もうお酒に飲まれない!」飲み会を華麗に乗り切る5ヵ条

その一 腹ごしらをえしよう

アルコール度数が10度以上のお酒を空き腹に飲むと、胃壁を傷つけてしまう。食前酒にいきなり強いお酒を飲むのはタブー。できれば飲み会の前に、軽く何かお腹に入れておくとよい。おすすめは牛乳。たんぱく質やミネラルは、アルコールの分解を助け、悪酔いを防止してくれる。事前に水分補給することによって、アルコールの濃度も薄まる。

その二 カクテルにご注意!

甘いカクテルは女性に大人気。だが、カクテルに含まれている糖分にはアルコールの吸収を早めるはたらきがあるのでご注意を。バーボン、ブランデー、ラム、スコッチをベースにしたものは悪酔いしやすい。どちらかといえば、ジンやウオッカベースのほうがおすすめ。

その三 おつまみをきちんと食べる

アルコールの分解に必要なたんぱく質やビタミンB1、ビタミンCは必ず摂りたいもの。豆腐や納豆、焼き鳥、刺身などのおつまみがおすすめ。また寄せ鍋やおひたし、スティック野菜、酢の物などでビタミンやミネラルを積極的に摂ろう。反対にチョコレートやレーズンバターなどの甘いものはアルコールの吸収を早めるので、軽めに。

その四 はしごはしない!

体内のアルコール処理には、時間がかかる。特に深夜まで深酒すると、翌日まで体内にアルコールが残りがち。できればはしごはやめよう。2軒目に付き合わざるを得ない場合は、お酒以外の水分を摂取し、アルコールを薄めるようにしよう。また周囲からアルコールを強要されたら、はっきりノーを言うことも大切だ。

その五 昼酒はほどほどに

お正月などは朝酒、昼酒の機会も多いもの。しかし、日中のお酒は酔いが早い。これは昼の方が体温が高く、血液循環がよいため。また、明るいうちからお酒を飲むという「ハレ」の雰囲気が興奮を呼ぶから、ともいわれている。日中のお酒はできれば控えよう。

飲み過ぎちゃった、どうしよう!?お助け成分はコレ!

連夜の忘年会で疲れているのに、明日も仕事が…アルギニン、アスパラギン酸、タウリン

自宅で食事する日は、お酒で失われる栄養素の補給に努めよう。良質のたんぱく質はとくにしっかり摂りたいもの。また外食ではなかなか摂れないビタミン、ミネラル、食物繊維もバランスよく食事に取り入れよう。その他、アンモニアの解毒を促進し、脂肪肝や肥満を防止するアルギニン、疲労回復に効果的なアスパラギン酸、肝機能を改善するタウリンも体調を整えるのに有効。サプリやドリンク剤などで摂るとよい。

二日酔いで調子が悪い…ウコン、マリアアザミ、アミノ酸

二日酔いの翌朝はたっぷり水分補給し、アルコールを排出しよう。肝臓のはたらきを高めるグレープフルーツジュースやしじみ汁がおすすめ。ウコン、マリアアザミ、アミノ酸などのサプリも利用して。

みなさんの感想

Loading...