healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

食事次第で中性脂肪はみるみる減る!?

大きい中性脂肪を狙え!

貯めすぎた中性脂肪を放置すると、さまざまな病気に発展しかねない。早い段階で減らす努力が必要だ。そのためにはまず、食事内容を見直すのが一番!というのも、中性脂肪には、粒子の大きなものと小さなものの2種類があり、大きい方は食事で変化するからである。

つまり、食事の内容次第で大きい中性脂肪を減らすことができる、ということだ!

粒子の大きい中性脂肪 粒子の小さい中性脂肪
食事由来のものが血液中を流れている 肝臓で作られたもの


食事内容を工夫すれば効果倍増

食事で中性脂肪を減らすといっても、やみくもに食べる量を減らせばよいというわけではない。きちんと食べるべきもの、ある程度減らしたほうがよいものを把握し、食生活を改善することが大切だ。

減らした方がよい食材
減らした方がよい食材
砂糖 お菓子砂糖の主成分、ショ糖は中性脂肪の材料になってしまう。お菓子はもちろん、甘いジュースなどはなるべく控えるようにしたい。
果物 果物に含まれる果糖が中性脂肪増加の原因。ただし、ビタミンCやミネラル・食物繊維が豊富なので適量は摂るようにしたい。
アルコール アルコールアルコール自体は中性脂肪に変わるわけではないが、お酒をよく飲む人は高脂血症になりやすい。これは、アルコールが分解される際、脂肪の合成を進める酵素を発生させてしまうから。また、肝臓に負担をかけると、小さい中性脂肪が増加してしまう。その結果、大きい中性脂肪の分解も阻害され、中性脂肪値をさらに上げてしまうのだ。

食べた方がよい食材
食べた方がよい食材
魚介類 イワシやサバ、サンマなど背の青い魚に含まれる、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)は、肝臓での中性脂肪の合成を抑え、血中の中性脂肪を減らす。とくに眼の部分に多く含まれているので、尾頭つきで食べるとよい。
リンゴ リンゴ果物は中性脂肪を増やすとされるが、リンゴは例外!農業技術研究機構果樹研究所の調査により、血液中の中性脂肪を減らす効果が明らかに。「1日1個のリンゴで医者要らず」は真実なのだ。


コラム)脂肪にはたらく「グロビンタンパク分解物」
(1)「脂肪」の吸収を抑える
(2)「脂肪」の代謝を高める
(3)「脂肪」を貯まりにくくする


グロビンタンパク分解物が脂肪の吸収を抑える
中性脂肪に悩む人に適した成分がある。グロビンタンパク分解物(GD)だ。オリゴペプチドの混合物で、動物性タンパクを酵素分解して得ることができる。ちなみに、オリゴペプチドとはタンパク質の構成成分であるアミノ酸が2〜9個つながったものだ。グロビンタンパク分解物の効果は右記の3つ。

とくに中性脂肪の吸収を抑えて分解を促す作用は注目度が高い。食後の中性脂肪やレムナント様リポ蛋白の増加・持続を抑えたりすることから、特定保健用食品などに活用されるようになった。脂肪分の多い食事が気になる人は、積極的にこうした食品を摂るとよいだろう。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。