healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

だって12時までに寝られないもん!というなら…

肌を美しく保つ成長ホルモンとは!?

赤ちゃんのプリップリのほっぺたを見て、「いいなあ〜」とため息をついたことはないだろうか。私たちは誰しも、年齢とともに肌のキメやハリを保つコラーゲン繊維やエラスチン繊維などが減り、逆に紫外線による光老化が進むために、肌がくすんだりたるんだりしてゆく。ほかにもCoQ10、セラミドなどの成分や、成長ホルモン、女性ホルモン、DHEAなど各種ホルモンが私たちの肌の若さを左右するカギを握っている。

なかでも影響力が大きいのは、成長ホルモンだ。幼児期に大量に分泌され、成長期には骨の成長を助けて背を伸ばすなどの作用がある。成長が止まった後も分泌が続き、細胞のアミノ酸取り込みを助けることによって代謝を促進するなど、生涯にわたって重要な役割を果たし、ハリとうるおいのある健康な皮膚をつくったり、骨を丈夫にする、免疫システムの強化やコレステロール代謝の改善など、若さと健康をキープするために全身で大活躍している。

12時までに寝たほうがいい理由

キレイを目指すなら、成長ホルモンの助けが不可欠。「寝る子は育つ」ということわざどおり、成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるといわれている。ただし、寝ている間いつでも分泌されるわけではない。

睡眠は1.5時間サイクルで深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠を繰り返しているが、ノンレム睡眠の中には最も深い徐波(じょは)睡眠があり、この時間帯に最も多く成長ホルモンが分泌される。徐波睡眠は入眠後ノンレム睡眠に入ってから30分前後で始まり、さらに1.5時間サイクルの第一回目が最も深いといわれている。私たちは体温が下がっていくときに深い眠りを得やすいのだが、その時間帯は人間の生体リズムから、夜の10時から12時の間。さらに夜中の2時までは成長ホルモンの分泌がさかんなことから、夜10時から2時の時間帯は「美肌のゴールデンタイム」と呼ばれている。 美容記事などで「遅くとも12時までに就寝しましょう」と書かれているのは、ここできちんと眠って成長ホルモンを分泌させておかないと、スムーズに肌の再生ができなくなるため。

成長ホルモンの分泌は30歳を過ぎるころから低下し、10年で13%も減少してしまうともいわれている。三十路を過ぎたら、夜ふかしはほどほどにしたいもの。ゴールデンタイムの間に、成長ホルモンをしっかり分泌させることが、高価な美容液に匹敵する最強のスキンケアといえるだろう。

美肌のゴールデンタイム

12:00前に寝られない人のための美肌対策

…とはいえ、現実的には夜の12時前に眠ることがなかなか難しいもの。どうしても寝るのが遅くなってしまうなら、少しでも深い眠りを得るために、あるいは翌朝のくまやむくみを解消するために役立つ、ちょっとしたアイディアをご紹介しよう。

就眠前にぬるめのお風呂に入る

ぬるめのお風呂

生体リズム上、深夜2時、3時にはすでに体温が下がってしまっているので徐波睡眠を得にくい。そこで、寝る前にぬるめのお風呂に入り一度体温を上げておくと、その後体温が下がりやすくなり、徐波睡眠を得やすくなる。ただし、熱いお湯に浸かってしまうと交感神経が活発になり、寝つきが悪くなるのでご用心。また、ストレッチも同様に体温を程よく上昇させる効果がある。

くま&むくみのケアは、血流改善が第一

くまやむくみの主な原因は、睡眠不足による血行不良が原因。寝不足で目の下にくまができていたら、ホットタオルで目元を中心に顔を温めてみよう。血流がアップし、くまの改善に効果があるといわれている。また、顔がむくんでいるときには、ホットタオルと冷たいタオルを交互に顔にあてるとスッキリする。

スペシャルケアは朝に

就眠前に十分お手入れできなかった分、朝起きてから出かける前の時間を利用して、パックをしたりマッサージをしたりというスペシャルケアを実行するのも、ひとつの方法。例えば歯を磨いている間にパックを済ませ、その後さっと洗い流せば簡単だ。その後の化粧水や乳液などの浸透力もアップし、メイクののりもよくなるはず。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。