healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

飲む前に読む・二日酔い防止術


飲む前に食べる
アルコールを順調に代謝するためには、丈夫な胃と肝臓が必要だ。まず胃と肝臓をアルコールから守る成分を食べて、“飲み”に備えよう。また、日頃からこうした成分をサプリメントで補っておくのもいい。

注目成分 食材 はたらき
クルクミン ウコン 胆汁の分泌を促進し、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれている。普段から摂取し肝機能を強化するのがおすすめ。
セサミン ゴマ 活性酸素を取り除き、肝機能を高めてアルコール代謝を促すといわれている。アルコールを飲む前にサプリメントなどで補おう。
シリマリン マリアアザミ 肝臓の細胞を修復し、保護する作用があるといわれる。アルコール性の肝炎などに有効という説も。
脂肪 ヨーグルト、牛乳など 乳製品に含まれる脂肪が胃に膜を張って、アルコールの吸収を穏やかにしてくれる。お酒を飲む30分〜1時間前に摂取しておこう。
ムチン オクラ、山芋、納豆など ネバネバ成分・ムチンにも、粘膜を保護する作用がある。

サプリメントを利用するなら:アルコール好きにささげるサプリ


飲みながら食べる
乾杯の後、飲む方にばかり一生懸命になってはいけない。「飲みながら食べる」ことが、二日酔い防止術の鉄則だ。アルコール代謝を助ける成分をおつまみなどで補おう。

注目成分 食材 はたらき
動物性・植物性たんぱく質 肉、魚、チーズ、豆腐、枝豆など 肝臓がアルコールを代謝する際に必要な成分。焼き鳥や刺身、枝豆が酒の肴の定番だったり、ワインとチーズのセットも理にかなっている。
ビタミンB1 ネギ、ニラ、にんにくなど 肝臓のアルコール代謝に必要な成分。ネギやニラ、にんにくに含まれるB1はアリシンという物質との複合体で存在し、体内に長くとどまることができる。
ビタミンC イモ類、小松菜、ブロッコリー、ピーマンなど アルコール代謝に不可欠であると同時に、アルコールによって腸管からの吸収が阻害されてしまうビタミンC。食事でしっかり補いたい。
ビタミンE ナッツ類 アルコール代謝を促進するはたらきがある。ただし、高カロリーなので、くれぐれも食べ過ぎないように。



飲んだ後に食べる
すでに二日酔い状態の場合は、アルコールの代謝を促進することと、アルコール分解の途中で生じたアセトアルデヒドの分解を促すことを心がけよう。まずは水分を摂取し、食欲が出てきたら栄養補給を。

注目成分 食材 はたらき
水分 スポーツドリンク、ミネラルウォーターなど まずはアルコール代謝で消費された水分の補給を。スポーツドリンクなら、不足しているビタミンやミネラルも一緒に補うことができるが、普通の水でももちろんOK。
果糖 オレンジジュース オレンジに含まれる果糖はアルコールの分解を早め、ビタミンCはアセトアルデヒドの分解を促進してくれる。
タンニン、カタラーゼ タンニンは胃の粘膜を収縮させ、アルコールの吸収を穏やかにする。カタラーゼなどの酵素はアルコールの代謝を活発にさせる作用がある。さらにビタミンCも豊富。
タウリン シジミの味噌汁 シジミに含まれているタウリンが肝臓の解毒作用を促し、アセトアルデヒドの分解も促進。また、メチオニンというアミノ酸やビタミンB12、グリコーゲンには肝機能を高める作用が。
クエン酸 梅干 各栄養素がアルコール分解に使われ、体の細胞は一時的にエネルギー不足になってしまう。そんなときはクエン酸をとり、エネルギーを生み出す回路(クエン酸回路)を活発にはたらかせよう。
カフェイン コーヒー カフェインの覚醒作用により、頭がシャキッとする。またアセトアルデヒドの代謝を促進したり、利尿作用によって老廃物を体内から追い出したりする作用も。

サプリメントを利用するなら:アルコール好きにささげるサプリ


さて、ある程度酔いがさめ、元気が回復してきたら、ぬるめのお風呂に入ったり、ウォーキングなどの軽い運動を。血流がよくなり、アルコール分解がさらに早まる。ただし、飲酒直後は絶対にNG。肝臓への血流が減って機能が低下するばかりか、心臓に負担がかかり、命を落としかねない。
また、迎え酒も×。アルコールで脳を麻痺させ、一時的に血糖値を上げて頭痛や吐き気を抑える効果はあるものの結局はさらにひどい二日酔い状態を招くことに。迎え酒が習慣化すれば、アルコール依存症にも近づいてしまう。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。