healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

アルコールの健康パワーをおさらいしよう!


アルコール別・体にいい理由

個人の健康状態にもよるものの、「百薬の長」という呼び名のとおり、お酒には健康にとってのメリットがいくつもあるといわれている。

さて、今宵飲むのはどんなお酒?下記の表で健康パワーを再チェックしてみよう。

お酒の種類 お役立ち成分 期待される効果
醸造酒
(微生物によるアルコール発酵でできたお酒)
ワイン カテキンやタンニンなどのさまざまなポリフェノール類 抗酸化作用、抗動脈硬化作用、がん細胞増殖の抑制、血中コレステロールの低減など
ビール ビタミンB1・B2、パントテン酸、葉酸など 整腸作用、利尿作用、善玉コレステロールの増加など
日本酒 糖分、アミノ酸、ビタミン類など 毛細血管の拡張、抗がん作用など
蒸留酒
(醸造酒をさらに蒸留器で処理して濃縮したお酒)
ウイスキー 熟成中、樽材から溶け出したエラグ酸(ポリフェノールの一種) 胃粘膜の保護、がん細胞増殖の抑制、血中コレステロールの低減、肝機能強化、糖尿病の合併症の予防効果など
焼酎 本格焼酎の香り成分 血栓溶解効果
混成酒
(醸造酒や蒸留酒に、植物の根や果実などの香味を移したり、糖分を加えたもの)
リキュール 各種リキュールに含まれる植物の有効成分 例)
梅酒: クエン酸による疲労回復効果
カンパリ: コリアンダーによる整胃効果


Jカーブが示す、“ほどほど飲めば長生きできる”

「まったく飲まない人や大量飲酒する人に比べて、適度な飲酒者の死亡率は総じて低い」という、お酒好きにはちょっと嬉しいデータもある。1日に日本酒換算で1〜2合程度の飲酒をする人が、心疾患や事件・事故などの死亡リスクが一番少ないというのだ。ただし、それ以上の量を飲むと、一気に死亡率が跳ね上がってしまうからご用心。
この現象は、グラフに表したときの形から「Jカーブ」と呼ばれている。くれぐれも「百薬の長」という言葉に甘えるべからず。


今なぜ?焼酎ブーム

酒は世につれ、世は酒につれ……。お酒の流行は、世相を映す鏡でもある。
戦後、贅沢品だった飲酒の民主化がすすみ、1960〜70年代には豊かさの象徴としてウイスキーが好まれた。70〜80年代のチューハイブームを経て、バブル期から90年代には高級志向と健康ブームにのって赤ワインの消費量がアップ。その一方で各社がシェアを奪い合う、熾烈な「ビール戦争」も繰り広げられた。
そして21世紀。現在は焼酎人気が続いている。

焼酎には製法により、甲類(高純度に精製)と本格焼酎(アルコール以外の成分が多く含まれ、乙類とも呼ばれる)に分けられる。沖縄の琉球泡盛も、本格焼酎の仲間。
最近は、血栓溶解作用についても注目を集めている焼酎、これまで敬遠していた人も一度試してみては?

1.後に残らない!
「アルコール成分がエタノールの1種類なので、代謝しやすい(甲類)」、「代謝の邪魔になる成分が含まれていない」「早く酔いを知覚するので、飲む量を自然とセーブする」など各説がある。
2.血栓溶解作用の研究が進んでいる
本格焼酎の香り成分には、血栓を溶かす作用があるという研究報告がある。
3.価格がお手ごろ
中には高価な“幻の焼酎”もあるが、全体的に焼酎は価格がお手ごろ。デフレ時代向きのお酒といえるだろう。
4.種類が豊富
焼酎の原材料は、麦、芋、米、ソバ、黒糖、ゴマ、栗、ニンジン、カボチャ、わかめ、海苔などなど、およそ50種の素材が認められている。割って飲んだり、何かを足したり、工夫次第でいろいろな味を楽しめる。
種類が豊富


PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。