healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
-
-
new オシッコが近くてツライ…これってもしかして病気?なおせるの?


こんなところにイボ?尖圭コンジローマはこんな病気


「尖圭コンジローマ」というちょっと耳慣れないこの病気。実は、性感染症(STD)のひとつ。性交渉によって感染する可能性があり、性器や肛門のまわりにイボができる病気だ。


病気の正体は?

特徴は潜伏期間が長いうえに、その期間も人によってバラバラ 尖圭コンジローマの原因は、主に性交渉によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV/ヒト乳頭腫ウイルス)という名前のウイルス。皮膚や粘膜のほんの小さな傷口から侵入して感染してしまうのだ。

また、この病気は潜伏期間が長いうえに、その期間も人によってバラバラ。感染してから症状がでるまでに、3週間から8ヵ月かかるといわれている。そのため、病気に気づいたときには、誰から感染したかわからないなんて困ったこともあるのだ。


気になる症状は?

尖圭コンジローマの症状は、性器や肛門のまわりに白〜ピンクまたは褐色のイボができること。このイボの形にちょっと特徴がある。イボは、例えていうなら、乳首(乳頭状)やカリフラワー、鶏のトサカのような、先端が少し尖っている形をしている。そのため、名前に"尖圭(せんけい)"とついたようだ。

やっかいなことに、この病気は潜伏期間が長い上に、イボ以外の痛みやかゆみといった自覚症状がほとんど出ない。だから、感染に気がつきにくく、放っておかれることが多い。しかし、放っておくと、イボが増えたり大きくなったりすることもある。また、まれに悪性型のウイルスが見つかることもあるのだ。


患者数は、年々増加傾向

日本で年間10万人あたり30人程度発症しているといわれている尖圭コンジローマ。
医療機関を受診して見つかるケースは年々増加する傾向にある。ただ、自分が感染していることに気づいていない人も多いと考えられており、患者数は報告されている人数よりも、ずっと多いと推測されているのだ。

出典:国立感染症研究所 感染症情報センター・感染症発生動向調査  尖圭コンジローマ 定点(医療機関)当たり報告数の推移(過去10年間との比較グラフ(月報)より2000年1月から2004年9月までのグラフに改変)
出典:国立感染症研究所 感染症情報センター・感染症発生動向調査
尖圭コンジローマ 定点(医療機関)当たり報告数の推移
過去10年間との比較グラフ(月報)より2000年1月から2004年9月までのグラフに改変




healthclick_jpをフォローしましょう


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
→あなたは大丈夫?尖圭コンジローマセルフチェック
→尖圭コンジローマにかかったかも…どうする?
→STD(性感染症)が蔓延中!
→増えている感染症
→いろいろなSTD
→STD(性感染症)ライブラリ

! 今週のおすすめ
!
特集  特集バックナンバー
あなたの水分足りていますか?
! いいものみつけた
40代、若々しさを保ちたいなら…?
睡眠時間は毎日充分。でもなぜ眠い?
こんなに疲れるのはアレが足りない
食生活と“ドロドロ”が気になるなら
! healthクリックよりおしらせ
【義母】がもろくて困ったら
◆帝王切開での出産が多いという現実
脚に虫が這っている気がして眠れない
ひざが痛いのは年齢のせいじゃない!?
不安や憂うつの日々から抜け出したい
トイレが近いのは気のせいじゃない…
ひざに違和感、自覚症状をチェック!

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。

Copyright(c)2014 Healthclick Co.,Ltd. All rights reserved.