healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

腸を制して美肌も健康度もUP

腸と美肌の微妙な関係

体の奥深くにある腸と、表面を包む素肌。一見あまり関係がなさそうなものだが、実際には密接に結びついている。いや、腸は美肌をはじめ、全身の健康に大きく関係していると言ったほうが正しいだろう。では、なぜ腸が全身に影響を与えるのだろうか。

腸内で悪玉菌が増えると

そのナゾをひもとくカギを握るのが、腸内に定住している細菌「悪玉菌と善玉菌」の存在だ。腸内に生息する細菌の数は、いつでもほぼ一定に保たれているので、この2種類の細菌が仲良く棲み分けをしてくれていれば何の問題もないのだが、現実はそうはいかない。どちらの菌も常に領地を拡大しようと戦闘を繰り返しているのである。

そして、もし善玉菌の勢力が弱まり、悪玉菌が増えだすと、さあ大変!腸内では腐敗が進み、アンモニアやアミン、フェノールといった有害物質が発生してしまうのだ。もちろん、発生するだけではない。有害物質は腸管から吸収されて全身を駆け巡り、肌のブツブツの原因になったり、風邪をひきやすくしたり、さらには心臓などにも悪影響を及ぼしてしまうのだ。

なぜ減る!?腸内の善玉菌

腸内には約100兆個、重さにして実に1kg以上の細菌が存在していると言われる。健康からすると、当然、善玉菌が優勢をキープしているのが理想。だが、善玉菌はもともと年齢とともに減る傾向があるうえに、食生活の乱れやストレス、過労などによっても減少しやすいのだ。

一方の悪玉菌は、悪役らしくしぶとい。食生活の乱れやストレスの多い生活でも簡単に増えてしまう。さらに悪玉菌が増えて腸内が腐敗すれば、それをエサにしていっそうパワーアップしてしまう。

つまり、私たちの普段の生活が、腸内の善玉菌の増減にダイレクトに影響してしまうということだ。みずみずしくハリのある素肌のためにも、健康のためにも、今こそ生活を見直して、積極的に善玉菌を増やしていこう!

腸内の健康の決め手は乳酸菌!

キムチなどに含まれる植物性の乳酸菌

積極的に腸内の善玉菌を増やすには、ズバリ「乳酸菌」を摂るのが一番。ちなみに、「乳酸菌」とは、乳糖やブドウ糖を栄養源に、乳酸などの有機酸をつくる菌の総称。よく聞くビフィズス菌なども乳酸菌の一種だ。

また、乳酸菌というと、ヨーグルトなどの乳製品が真っ先に思い浮かびそうだが、こうした動物性の乳酸菌のほかに、キムチや味噌・醤油などに含まれる植物性の乳酸菌もある。

動物性であれ、植物性であれ、"生きて腸まで届いた乳酸菌"は、善玉菌の増殖を促し、さらには、みずからも悪玉菌を退治するべくはたらく、なんとも頼もしい細菌なのだ。

善玉菌を増やすコツには、もうひとつある。それは、腸内善玉菌の栄養源となる「乳糖」を積極的に摂ること。乳糖は、砂糖などと比べて分解されにくいため、そのまま腸まで届き、シッカリ善玉菌の栄養源となるのだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。