healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

不安、悩み…ヘルペスQ&A

Q1 私のヘルペスはどこからきたの?

口唇ヘルペスや性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは、主に直接接触することで感染する。しかし感染力が強く、直接患部に触れてなくても、単純ヘルペスウイルスがついたタオルや食器で感染するケースも。したがって、家族、恋人など、ごく身近で感染するケースが多く見られる。 一方、帯状疱疹は子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが原因。帯状疱疹を人にうつすことはごくまれだ。ただ発症しているときに、水ぼうそうになったことがない人と接触すると、相手が水ぼうそうになってしまうことがあるので注意が必要だ。

Q2 再発を繰り返すけど、治らないの?

一般に、口唇ヘルペスや性器ヘルペスは時間の経過とともに再発の回数や症状の程度が軽くなるといわれている。口唇ヘルペスや性器ヘルペスは体の抵抗力が落ちたときに再発しやすいのが特徴なので、日ごろからバランスのよい食事をとり、疲れやストレスをためないことが大切だ。また症状が出た場合は早めの治療で症状を軽くすることができる。

再発に注意!

  • 風邪などの病気
  • 疲労
  • 紫外線
  • アルコール
  • ストレス

Q3 タオルやお風呂でうつるの?

症状が出ている時期は、皮膚の水ぶくれや唾液中にヘルペスウイルスが存在しているため、注意が必要だ。ウイルスがついたタオルや食器などを介して感染することもあるので、共用は避けよう。お風呂でうつる心配はほとんどないが、性器やおしりの周囲に症状がある場合は、まれに洋式便座でうつることがある。
ただ、そんなに神経質にならなくても大丈夫。人から離れたヘルペスウイルスは、熱やアルコール、乾燥、日光(紫外線)などに弱い。タオルや食器はよく洗い、便座はアルコールを含んだ布で掃除しよう。

Q4 ヘルペスウイルスに対抗する力が弱く、特に気をつけたい人は?

ヘルペスウイルスに対する免疫を持っている人は、感染しても症状がでないか、発症しても軽症ですむことが多い。しかし次のような人はヘルペスに感染すると、重症化しやすいので要注意。ヘルペスを発症しているときは、接触をできるだけ避けよう。

  • 免疫を持っていない人や新生児
  • アトピー性皮膚炎の人
  • 白血病、悪性腫瘍、移植手術後など病気で、体の免疫力が落ちている人

まとめ

ヘルペスは、みんながもっているウイルスが原因で起こる、ごく一般的な病気。ただ、人によって感染後すぐに発症する場合や、一生発症しない人もいる。日ごろから心身を健康に保ち、発症したときには早めの治療を開始することで、上手に付き合っていける病気なのだ。それに症状が現れたということは、「あなたの体は疲れているよ」という、ヘルペスウイルスからのサインと捉えることもできるのではないだろうか。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。