healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

疲れを吹き飛ばせ!暑さ&冷え対策編

もはやクーラーは必需品。暑いと感じたら、すぐにクーラーのスイッチをつけてしまう…。でもこれこそが夏バテの原因になっているかもしれない。

暑さ対策編

暑さ対策編

体や電気代のことを考えると、できるだけクーラーには頼りたくないもの。そこで、なるべく冷房に頼らず、暑さをしのぐ方法を考えてみよう。

●冷蔵庫に冷たいおしぼりを常備

帰宅時やお風呂上りに使えば、ほてった体も気分もスッキリ。

●扇風機の風を利用

風速0.5m/の風が流れると、人は2℃も涼しく感じるといわれている。特に暑い日では、冷房を弱めにして扇風機を併用してみよう。

●ドライ機能を利用して体感温度ダウン

暑い上に湿度が高いと、皮膚はベタベタでかなり不快。汗がなかなか蒸発しないので体に熱がこもってしまう。湿度を下げて汗を蒸発させれば、サラッと快適な上に気化熱が奪われて涼しく感じられるだろう。

●涼しさを呼ぶファッション選び

汗や熱をこもらせないためには、通気性がよいものが一番。最近では汗や熱をすばやく逃す、優れた生地で作られたものも市販されている。下着などに取り入れてみては?

●インテリアで見た目から涼しく

インテリア人は色彩から受けるイメージによってずいぶん体感温度が変わってくるもの。部屋全体は無理としても、カーテンやソファーのカバー、ベッドカバーを青や白など涼しさを感じる色合いに変えてみよう。さらにすだれや風鈴も取り入れれば、より効果的。涼しいと感じるには、心理的な効果も大きい。

冷え対策編

冷え対策編

自宅と違って、温度調節ができない職場や電車。スーツを着たサラリーマンに合わせて強めの冷房になっているので、特に女性は注意したい。

●オフィスでは上着、ひざかけを利用

冷房対策の基本中の基本。温度が調節できないのなら、自衛を。

●体を締め付ける下着・服装は冷えのもと

体を締め付けると血行が悪くなり、冷えやむくみの原因に。また、女性の場合には、サイズに合わない下着がスタイルも損なってしまう。素足にサンダルというファッションも足元がかなり冷えるので、要注意。

●ゆっくりぬるめのお風呂でむくみを解消

汗をかくこの時期はついシャワーでさっぱりと済ましてしまいがち。でも一日の冷えや疲れを取り、ぐっすり眠るためにはやはりお風呂が一番だ。おすすめはぬるめのお湯での半身浴。リラックス効果がある入浴剤やアロマオイルを取り入れれば、気分も上々。全身の血行がよくなり、冷えやむくみもスッキリ解消できるだろう。お湯につかるのはどうも…という人は足浴も、それなりに効果あり。

●マッサージで血行促進

マッサージで血行促進

冷えやすい足はもちろん、クーラーの風が直接当たりやすい腕や肩もマッサージするとよい。入浴中や入浴後など体が温まっているときに行うのが特に効果的。

  • 足先を中心に軽くなでたりさすったりしよう
  • 足の指の付け根(特に薬指と小指)をじっくりもみほぐそう

更新日:2004年8月30日