healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

体にはどう作用する?〜体とアルコールの関係


飲酒で善玉コレステロールが増える!?

アルコールが体に与える影響は大きい。例えば、血中のコレステロール。アルコールには悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やすはたらきがあるといわれているのだ。

動物性脂肪や卵などの悪玉(LDL)コレステロールが多い食事を摂っていると、動脈の壁にコレステロールがくっついて動脈硬化を起こす原因になる。しかし、飲酒によって善玉(HDL)コレステロールが増えれば、動脈の壁にたまったコレステロールを取り除くことができ、動脈硬化を予防することに。

Jカーブさらに、米国保健科学協議会(ACSH)によると、日本酒に換算して1日に1、2合程度のお酒を飲む人が、最も心臓血管疾患のリスクが低いという結果が出たという。また、病気だけではなく事故や事件を含めた全死亡率と1日の飲酒量をグラフにすると、J型のカーブになる。つまり、適量の飲酒であれば、まったく飲まない人よりも長生きする可能性が高いというのだ。まさに「百薬の長」。


しかし、アルコールにこのような効果を期待するなら「適量」でなければいけない。J型のカーブということは、飲酒量が適量を超えれば、途端に死亡率が高くなるということでもあるのだ。

コレステロールにしても同じ。善玉(HDL)コレステロールを増やすには、ビールなら大瓶1本、清酒なら1合、ウイスキーならダブルで1杯程度で十分なのだ。


その一方で、さまざまな病気の原因にも

画像:さまざまな病気の原因にも 反対に、飲み過ぎた場合の体への悪影響は数知れない。まず真っ先に思い浮かぶのが、肝臓疾患だろう。これは肝臓がアルコール処理を一手に引き受けてくれているから。また、アルコールだけではなく、酒の肴として食べる料理に動物性脂肪が多い傾向があるのも一因。肝臓へのダメージを高めるといわれている。

さらに、深刻な病気を招くこともある。

<お酒の飲み過ぎによって生ずる障害>  
・急性アルコール中毒
・アルコール依存症
・自律神経失調症
肝臓 ・脂肪肝
・肝炎
・肝硬変
消化管 食道 ・食道炎
・食道がん
・食道静脈りゅう
すい臓 ・すい炎
・糖尿病
・胃炎
・胃潰瘍
循環器系 ・心筋症
・不整脈
・高血圧
・下痢
・吸収障害
・痔
全身・その他 ・末梢神経障害
・貧血
・卵巣機能不全
・インポテンツ

いかがだろう!?なかなかにバリエーションが多彩に思うのでは。たとえ肝臓が障害から逃れたとしても、他の障害をすべてクリアするのは難関そのもの。飲み過ぎはゼッタイ不可!と、肝に銘じておこう。


あなたは大丈夫!?適正飲酒チェック

さて、現在のあなたの飲酒状態は正常だろうか。ちょっと気になる方は、次のテストを試してみてほしい。そして、少しでも問題がありそうなら、お酒との良い関係づくりをめざして毎日の生活を見直してみよう。

久里浜式アルコール症スクリーニングテスト(KAST)

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。