healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
明日葉はすごい!そのパワーを解明

これが明日葉パワーだ!その1:糖尿病に
糖尿病は、インスリンが不足することやあるいは、インスリンが作用しにくくなることにより、細胞へのグルコースの取り込みが低下する結果、血液中の糖濃度が上昇して血管障害を始めとするさまざまな症状を引き起こす病気だ。
糖尿病が進行すると体がだるい、のどが渇く、トイレが近い、集中力が低下するなどの症状をもたらすほか、神経や網膜、腎臓など全身の器官にさまざまな合併症を引き起こす危険性がある。

では、この糖尿病にどうして明日葉の成分が注目されているのだろう?

インスリンは、前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化 * を促進する作用や肝・筋肉・脂肪細胞などに作用してグルコースの細胞への取り込みを促進させることが知られているホルモンだ。
また、脂肪細胞の分化は、インスリンが作用しやすくなるためにも必要であることが近年の研究で明らかになってきたそうだ。
すなわち、脂肪細胞の分化を誘導することでインスリンが作用しやすくなり、血糖値が低下することが期待できるのだ。
なんと、明日葉の成分に、前駆脂肪細胞に作用して脂肪細胞への分化を促進するはたらきが豊富にあることが、近年の研究により発見されたのである。

* 分化 細胞の形や性質が変化し、特定の機能を発揮する細胞になること。

それだけではない。明日葉の黄色い汁に含まれる 「カルコン」には、白内障などの糖尿病による合併症の発症を防ぐ効果 が期待されているのだ。

高血糖状態が続くと、アルドース還元酵素という酵素によってさまざまな組織で血液中のグルコースが「ソルビトール」という糖アルコールに変換される。このソルビトールは糖尿病による神経障害への影響が大きく、糖尿病による合併症の予防にはこのソルビトールの生成をいかに抑えるかが重要とされている。そこで、注目されたのが「明日葉」だ。明日葉の成分カルコンには、このアルドース還元酵素のはたらきを阻害する効果があることがわかってきている。まだまだ研究途上ではあるが、今後、糖尿病による合併症の予防への活用が期待されている。


これが明日葉パワーだ!その2:アルツハイマーに
明日葉にはアルツハイマー型認知症を予防する効果があるのではないかと言われている。

アルツハイマー型認知症は、脳全体が次第に萎縮し、最終的には死に至る病気だ。初期症状では物忘れや、記銘力(直前のことを覚える能力)の低下が起こり、症状が進むと時間や場所などの記憶もなくなっていく。進行すると言葉がわからなくなったり、足の麻痺やけいれんなどが起こってくる。特に有効な治療法もいまのところ確立されていない。

神経成長因子(NGF)の生成を促す植物 では、明日葉はどうしてこのアルツハイマー型認知症の予防や治療に有効なのではないかと言われているのだろう。そのカギを握るのが、 神経成長因子(NGF)<Nerve Growth Factor> である。

NGFは神経細胞の生成や維持に関わるたんぱく質で、脳神経の機能を回復したり、脳の老化を防止する作用が知られている。ところが、NGFは分子量が大きいために、血液関門を通過することができない。そこで分子量の小さい物質の利用が期待された。しかし、残念ながら、これまでに発見されたものには副作用の問題などもあり、実用化には至らなかった。

そして、最近の研究で、このNGFの生成を促す作用が、明日葉、ホップ、食用菊の花、ガジュツ(紫ウコン)などの植物にあることが発見されたのだ。とくに 明日葉には、15〜20倍もNGFの生成を促す作用がある ことが確認されている。この活性は4種類のクマリン化合物(セリ化植物に多く含まれる化合物)と1種類のクロマンにあることがわかり、今後、医食品などへの利用が期待されているのだ。


PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。