healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
超・高齢化社会で生活習慣病は更に増える?

超・高齢化社会と疾病
現在、下のグラフのように、やはり65歳以上の病気といえば、高血圧・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞などの循環器系の疾患が際立って多くなっている。若い時からの生活習慣の積み重ねがハッキリと現われているのだ。
確実にやってくる超・高齢化社会!年々運動不足や食生活の乱れが進む日本は、このままでは、そのうち生活習慣病患者であふれかえる?現在14.5%の老年人口比も2025年には27.4%、2050年には32.3%となる。約3人に1人が老年だ。活力あるイキイキとした日本になるためには、一人ひとりの生活習慣改善が、社会的にも大変重要な事なのだ!

高齢グラフ1


高齢化社会での所得と医療費
下のグラフの推計が示す通り、日本は急激な高齢化を迎え、所得に占める医療費の割合も増え続ける事が考えられる。同じカラダ長くを使っていると、多少の傷みが出てくるものである。しかし生活習慣改善は、その傷みを減らし、発病を防ぎ、病気の進行を遅らせる事ができる。結果として医療費の割合を減らす事ができる。
せっかく稼いだ所得なら、もっと楽しい老後に使いたい!逆に何の改善もないまま進めば、医療費のために働き続けるという矛盾した事にもなりかねない?

高齢グラフ1

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。