healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

私たちはアミノ酸でできている

見出しそもそもアミノ酸って何?

人間の体を構成する成分
人間の体を構成する成分
成人男子の場合の標準。性別や年齢、肥満の度合いによって値は変化する。
「アミノ酸」とはたんぱく質を作っている最小単位の成分のこと。
地球上に存在するあらゆる生物は、すべてたんぱく質でできている。ということは、たんぱく質を構成しているアミノ酸は、あらゆる生物の中に存在しているということになる。

もちろんヒトも例外ではない。人体の約60%は水でできている。次いで多いのはたんぱく質で、約20%を占める。残りは脂質、無機質などで構成されている。

例えば体重60kgの人の場合、たんぱく質はおよそ12kgに相当する。このたんぱく質によって筋肉や消化管、臓器、神経伝達物質やホルモン、酵素、免疫物質、もちろん肌や髪も、ほぼ全身が作られている。つまり、私たちの体…内臓も神経も、頭の先から足の先まで全身丸ごとすべて!…はアミノ酸でできているというわけだ。

見出しアミノ酸はひとつじゃない!

ところであなたは「『アミノ酸』という名前のひとつの酸がある」とイメージしてはいないだろうか?これは誤解で、実際にはヒトの体を作っているアミノ酸は20種類ある。
「アミノ酸って、そんなにあるの!?」と意外に思われるかもしれない。でも体を作っているたんぱく質はなんと10万種類以上もあり、そのたんぱく質のすべてがわずか20種類のアミノ酸のさまざまな配列によって構成されているのだ!

20種類あるアミノ酸のうち、11種類(非必須アミノ酸)は体内で作ることができる。しかし、残りの9種類(必須アミノ酸)は体内で合成することができず、肉、魚、野菜などから摂取しなければならない。

それぞれのアミノ酸には、どんなはたらきがあるの?

見出し体内でくり返される「アミノ酸の分解と合成」

たんぱく質の合成と分解

たんぱく質の合成と分解

1日当たり、体重60kgの成人の場合
私たちの体に欠かせないアミノ酸。体内ではアミノ酸からたんぱく質へ、たんぱく質からアミノ酸へという分解と合成がくり返されている。
年齢、体重によって異なるが、体重60kgの成人・1日当たりの場合、食事からたんぱく質を約80g摂り、ほぼ同量を体外へ排泄している。また、アミノ酸とたんぱく質の分解と合成の量は、ともに約180gといわれている。

アミノ酸のたくわえ(アミノ酸プール)のバランスが悪いと、たんぱく質への再利用率も低下してしまう。必須アミノ酸の過不足を生じさせないように、バランスのよい食事を摂ることが大切だ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。