healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

頭痛に負けないライフスタイル

何気ない生活習慣のなかにも頭痛を引き起こす原因がいくつかある。また、同じ行動でも頭痛タイプによって問題なかったり禁止だったりする。命にかかわる「怖い頭痛」についても知っておこう。

気をつけて!こんなことが「頭痛」の原因

普段何気なく暮らしているさまざまなシーンにも頭痛の原因が潜んでいる。あなたのライフスタイルをもう一度見直してみよう!

●バタバタしちゃってご飯抜き!

空腹は頭痛を起こしやすくすると考えられている。朝ご飯抜きは片頭痛のもとと覚えておこう。

●パソコンに長時間向かうことが多い

同じ姿勢をとり続けることで、緊張型頭痛になりやすい。ときどきストレッチをしたり、遠くをながめたりしよう。

●人ごみの中によく出かける

騒音・香水やタバコの匂い、暑さ、強い光などで片頭痛を誘発しやすい。ショッピングなどは混雑を避けるように。また、空腹も影響するので出先でも食事はきちんととること。

●寝不足&寝過ぎ

片頭痛が起こりやすい。ウィークエンドなどに限ってズキンズキンと痛み出す「週末頭痛」の原因のひとつでもある。

●眼の使いすぎ、眼鏡があわない

眼の周りの筋肉に余計なストレスをかけてしまうと緊張型頭痛の原因にもなる。目の酷使などにも気をつけて!

お風呂、お酒はOK?NG?こんな場合、どうする!?

頭痛のタイプによって、同じシーンでも「OK」と「NG」に分かれることも。知っておけば頭痛を悪化させず、早く改善させることができる。

お風呂

  • OK緊張型頭痛
    血行がよくなって、筋肉のコリがとれれば頭痛もラクに。
  • NG片頭痛
    血管が拡張してしまい、痛みが増してしまいます。痛みがおこりそうな時はさっとシャワーで済ませて早めに寝てしまおう。
  • NG群発頭痛
    痛みが起こる時期には長湯が痛みの引き金になることがある。

お酒

  • OK緊張型頭痛
    血行がよくなるため、痛みも軽減。
  • NG片頭痛
    血管が拡張してしまうので、体調の悪いときはなるべく控えよう。特に赤ワインやポートワインは頭痛を起こしやすいと言われている。自分のからだに合う飲み物と適量を知っておこう。
  • NG群発頭痛
    群発期(痛みがある間)は絶対禁酒!群発期を過ぎれば飲んでもOK。

マッサージ

  • OK緊張型頭痛
    後頭部から肩にかけてマッサージするとラクになる。
  • OK片頭痛
    こめかみをマッサージするとラクになる。

カラオケ

  • OK緊張型頭痛
    ストレス発散が頭痛解消につながる。
  • NG片頭痛
    騒音や汚れた空気は片頭痛のもと。

これも立派な頭痛…日常で出会う「プチ頭痛」たち

「慢性頭痛」とまではいかないけれど、日々の暮らしの中で起こるちょっとした頭痛。あなたも心当たりはないだろうか?

●運動した時

水泳、テニスなど激しい運動をしたときに頭痛が起こることがある。準備運動をきちんとすることと、痛みが数時間続く場合は鎮痛薬を飲むとよい。はじめて起こった場合や激しい痛みの時は念のため専門医を受診すること。

●かき氷を食べている時

別名「アイスクリーム頭痛」。冷たい!という口の中の刺激は三叉神経を伝って脳に伝達されるが、前頭部に痛みがあると間違えて伝達されてしまったため起こると考えられる。まったく無害なのでご安心を。

●飛行機の離着陸時

飛行機の下降時に副鼻腔の圧の変化が起こり、痛みが発生。また離着陸のときの鼓膜にかかる圧の変化で耳が痛み、頭痛が起こることもある。この症状が強い場合は一度耳鼻科の診察を受けることをおすすめ。

●お酒を飲んだ後

二日酔いで頭が痛い場合、脱水や低血糖、アルコールの分解成分・アセトアルデヒドなどの作用によって頭痛が起こると考えられるが詳細は不明。こうした頭痛の場合、電解質やビタミンが含まれた飲み物を多く摂るのがおすすめ。鎮痛薬を枕もとに用意しておくことと、カフェインがある程度効果があるのでお茶やコーヒーを飲むのもよい。ただし飲みすぎて胃が荒れないように注意。

効果的な薬の飲み方&病院の行き方

いつ飲む?薬

痛みをやわらげるためには薬の飲み方にもコツがある。痛み始めたら早めに鎮痛薬(市販のものでOK)を飲むのがポイント。鎮痛薬が効かないという人は、飲むタイミングが遅すぎる場合が多い。

いつ行く?病院

あなたが頭痛持ちなら、一度「頭痛外来」を訪れてみてはいかが?最近は頭痛を専門に扱う頭痛外来を設けている病院も増えている。頭痛外来では痛みの診断や頭痛の種類にあわせた治療をきちんとしてくれるので、鎮痛剤だけ渡されて帰されてしまうということもない。 また、バットで殴られたような突然の痛みや言語障害、発熱、痙攣などを伴ういつもと違う急激な頭痛の時は大至急、脳神経外科・神経内科に行くこと。くも膜下出血や脳出血、髄膜炎の恐れもある「怖い頭痛」の可能性が高いからだ。命にかかわる「怖い頭痛」のサイン、絶対に見落としちゃダメ!

みなさんの感想

Loading...