healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


子供の軽い風邪…病院に行ったほうがいい!?

もう悩まない!! 市販薬と病院の境界線

病院へ連れて行く 子供が風邪をひいたとき、熱が出れば迷わず病院に行くけれど、鼻水やせきだけのときはどうする? どんなときに病院に連れていけばいいのか境界線を探ってみた。
症状境界線はココ!
鼻水やくしゃみ、せきがときどき出るけれど後は元気2日程度は市販薬で様子をみて、それ以上続くようなら病院へ。
風邪をひいた後、せきがなかなか治らないせきだけのときは、しばらく家で様子をみてもいいが、「ケーンケーンと犬の遠吠えのようなせきがひどい」「せきがひどくて呼吸が速くなる」「呼吸するたびに鼻がピクピクする、ろっ骨とろっ骨の間がへこむ」ようなら、夜間や休日でも病院へ。放っておくと突然呼吸困難になることも。
せき込んだと同時に嘔吐したしばらく様子をみて、その後せきもひどくなく嘔吐もない、機嫌よく遊んでいるようなら特に心配ない。その後も嘔吐が続くようなら病院へ。
下痢をしている2〜3回軟らかい便が出て、後は特に下痢の症状がなく機嫌もよいようなら、もう少し家で様子をみてもよいが、「お腹を痛がる」「水のような便が何回も出る」ときはすぐに病院へ。

“ホームカルテ”の勧め

自作カルテ 家で様子を見るときは、“ホームカルテ”を作って、病気の症状の変化をノートにつけておく ことをお勧めする。症状が重くなって病院へ連れて行ったとき、医師に説明しやすくなる。

家でのケアのコツで大切なのは水分補給。鼻水やせきだけでも、水分をとることによって粘膜の乾燥を 防ぐことができる。また、鼻がつまりやすくなるので、鼻水をこまめに吸い取ってやるようにしよう。
このほかのケアのコツは「長引かせないコツ」

病院で説明すること・聞いておくこと

《説明すること》

いざ病院に行って、医師の診察を受けるとき役に立つのが“ホームカルテ”。「1いつ頃から症状が出始めたのか 2症状はどう変化したか 3これまで飲ませた薬」の3ポイントを簡単に説明しよう。

また、薬の分量の決め手は「子どもの体重」。あらかじめ測っておくとベター。薬に好き嫌いがあり、シロップや粉薬など希望があるようなら、それも忘れず相談して。

《聞いておくこと》

診察を受けたときに「聞いておきたいことのNo.1」は看病のポイント。お風呂や食事、通園や通学をしてもいいのかを確認しよう。

薬の飲ませ方も聞いておきたいポイントのひとつ。少ししか食べなくても飲ませていいのか、ほかの食品と混ぜてもよいかなど。病院と調剤薬局が別の場合は、薬剤師さんに聞いてもよい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。