healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
音楽によって癒される理由

見出し音楽を聴くと、こころが安らぐワケ

水の音 大きくなったり小さくなったり、強くなったり弱くなったりする連続的だけど、一定ではない揺れのことを「ゆらぎ」という。じつは、この「ゆらぎ」にこころが安らぐ秘密があるのだ。
ゆらぎに含まれる波動をf(周波数)という記号で表すと、人の生体リズムや自然界には、1/fというゆらぎがあるという。
例えば人の心臓の鼓動には1/fゆらぎがあり、川のせせらぎや虫の声などにも1/fゆらぎがある。そのお互いの振動が共鳴すると、美しいと感じ、和ませてくれるのだ。

見出し音楽と癒しの歴史

ゆらぎは3種類ある
ゆらぎには大きく分けて3種類の性質がある。

波動はそれぞれパワー(強度)を持っており、そのパワーとゆらぎのf(周波数)との関係をグラフにしてみると、

周波数によらない一定のパワーをもつもの。グラフでは、水平になる(1/f0)。
45度の傾きを示すもの。これが、1/f1
さらに鋭角的な角度を示すもの。これが1/f2
ゆらぎ
ちょうどいいのが1/f1
1/f0は、刺激性の強い音のもの。例えば、地震や山崩れ、激しい音楽など。また、非常に規則的でゆっくりしすぎている音1/f2。時計の秒針や機械的な電子音などがこれにあたる。
あまりに激しい音楽は脳が疲れてしまうし、あまりに単調なら、眠たくなってしまう。つまり、こころや身体にとって、ちょうどいいのは、その中間である1/f1ゆらぎになるというわけだ。

メモ1/f1ゆらぎはここにある!
クラシック音楽
川のせせらぎ
般若心経(単調に聞こえるが、じつは言葉自体にもゆらぎがある名調子)
ヒトラーの演説(激しい口調のようだが、そこには1/f1ゆらぎがあったらしい。そのおかげでヒトラーは大衆の心をつかんだ!?)
参考文献:「音楽は驚異の『聴くクスリ』」 渡辺茂夫著 PHPより

見出し脳と音楽の関係

リラックスしているときの脳波は「α波が出ている」などとよく言われる。これは、脳から出ている脳波はその心身状態によって異なり、とくにリラックスした気持ちでいる時の脳波がα波である、というわけだ。クラシック音楽を聴けば、必ずα波が出る、とは言えないが、出やすいことは確かなようだ。
1/fゆらぎとの直接的な関係も、はっきりしたことはわかっていないが、α波が安らぎの一つの指標になっているようだ。

脳波の種類メモ
δ(デルタ)波・・・ かなり熟睡している時に出ている脳波。
θ(シータ)波・・・ 浅い眠りの時の脳波。いわゆるうたた寝の時。
α(アルファ)波・・・ 心身ともに安らいでいる時の脳波。
β(ベータ)波・・・ 日常生活を送っている時の脳波。一般的にこの状態の時が多い。
γ(ガンマ)波・・・ 怒っている時や、興奮している時の脳波。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。