healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
花粉症に強い身体と心


見出し 「疲れ」はアレルギーの大敵!

花粉症というと、とかく「花粉」ばかり注意しがち。
しかし、それと同じくらいに大切なのが 体調を整える ことだ。これは単なるキャッチフレーズではなく、科学的にも証明されている。
●身体の抵抗力をつける
自律神経のバランスが良いと、花粉 (アレルゲン) が入ってきて、IgE抗体 (免疫グロブリンE) に結合しても、花粉症 (アレルギー症状) が起こらないこともある。
免疫系が正常に保たれ、 過剰な反応をしない からだ。
●疲れをためると…
副交感神経の緊張が高まったり、交感神経がおさえられていたりすると、肥満細胞からヒスタミンが放出されやすくなり、症状が出やすい。
体調を整え、自律神経を鍛えるには?
花粉症予防の心得
睡眠 花粉が飛び散る前から、なるべく 規則的に十分 とる。昼寝ができる環境なら、昼寝も OK!
体力 落とさない。春は何かと忙しいが、定期的に行っている運動は続けよう! そして、 きちんと食べる こと
有酸素運動 普段から、 鼻で呼吸 できる、軽い有酸素運動を! 自律神経が整い、アレルギー反応をおさえやすくなる。鼻の粘膜の鍛練にもなり、鼻づまりが改善。ただし花粉が飛び始めてしまったら、ピーク時、外で吸い込まないようにする
ストレス バラバラの生活リズムは、身体を疲れさせ、花粉症の発症や悪化に確実につながる。 一定のリズム をもって、身体にストレスを与えない、疲労をためない。
刺激物 鼻づまりをひどくするので、 からい食べ物、アルコール などはひかえる。 たんぱく質 のとり過ぎにも注意
たばこ 直接、鼻や眼の粘膜を刺激するので、できるだけ 禁煙


見出し 「心のストレス」は影の大番長!?

実は、心のストレスも花粉症などのアレルギー因子の大きな1つと考えられている。
免疫と心(脳神経系)が密接に結びついているのではないか?との研究が進んでいるのだ。

免疫細胞は脳の信号を受け取ることができるという、 免疫系と脳神経系の科学的なレベルでの相関関係 も最近、分かってきている。

実際、以下のようなケースが報告されている。
ケース1(アメリカ)
奥さんと死別した男性。 リンパ球 の増殖が著しく低下し、免疫力が落ちた。死別から1〜2カ月が、最も低下。回復するまで1年かかった。

ケース2(日本)
スギ花粉症の女性。抗アレルギー薬に加え、カウンセリングにより 精神安定剤 を処方すると、症状が軽減した。

アレルギーだけでなく、ウイルスや細菌、がんなど、人間の「病気」の多くは、免疫機能が関係している。こうしたことが解明されるにつれ、心のストレス解消の重要さが、今後ますますクローズアップされてくるだろう。

おススメ!心で作る免疫力アップ作戦
「笑う生活」

大阪の吉本興業の「グランド花月」で、笑いと健康についての実験が行われた。漫才、落語、新喜劇を見た直後、血液検査を行うと…?

・18人中14人が、白血球のひとつ、リンパ球の ナチュラルキラー(NK)細胞の活性値が上昇
免疫力のバランス を示す指標値についても、ほとんどの人が正常範囲に近づいた。
・また、「笑い」が 交感神経と副交感神経を適度に刺激 して、両者がバランス良くはたらくようになり、自律神経も活性化。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。