healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
アレルギーは、もはや誰でも「他人事」じゃない!

見出し3人に1人は「アレルギー」!?


厚生労働省が行った「保健福祉動向調査」によると、なんらかのアレルギー症状を発症しているのは、なんと約3人に1人だった。東京都内では80%を超える家庭で、アレルギー症状のある人が家族にいると答えている。しかもさらに「まだ発症していないがアレルギー体質の人」もいるとすると現代では、日本人の過半数がアレルギー体質になっているとも考えられる。「自分はアレルギー体質だとは思っていなかった」ような人たちが次々と発症し、実際、激増している花粉症などは、以下の通り右肩上がりを続けている。

花粉症患者の増加グラフ
増える花粉症患者数グラフ


見出し皮膚トラブルを起こす赤ちゃんの増加…


アレルギーで心配なのは「体質だから仕方ない」とあきらめきってしまうと、新たな症状に進行することがあるということだ。注!・アレルギー体質の人が必ず進行するということではない。
幼児の発疹率「赤ちゃん」と言えば「おもちのようなツルツルの肌」というイメージがある。しかし、最近そうしたことにも異変が!?

乳幼児全体の6〜7割がザラザラした肌になってきているというのだ! 事実、左グラフのように、発疹が多くなっている。原因はアレルギーばかりではないが、こうした肌質はアトピーなどに陥りやすい。


見出し日本人がアレルギー体質に変化した?


アレルギー体質日本人かつては「アレルギー体質」は主に「遺伝」の側面から考えられていた。しかしあまりに急増で、それでは説明がつかない…。そこで特に戦後数十年の間に日本に起こった生活習慣や環境によって、体質そのものが変化し始めていると指摘されている。
具体的には、食生活、住宅、公害、ストレスなど。しかし今のところ、はっきり「コレが原因!」と言えるものは解っていない。
くわしくはこちら!→「日本の花粉症は高度成長期とともにやってきた!」

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。