healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
温泉は総合医


見出し気になる症状を多角的に癒してくれる


「ときどき胃が痛む」と病院に行けば、まず内科に回される。でも、もともとの原因がストレス だったら? 現代の病は、環境、心、身体と複合的なものが多いのに、現代医学は専門制が進んじゃってるこの矛盾。でも、温泉なら身体の不調をトータルで癒すことができるのだ。


見出しトータルで効く温泉の秘密

化学効果 温泉三昧
温泉の中には炭酸ガスやナトリウム、イオウ、硫酸マイナスイオンなどいろいろな物質が溶け込んでいる。これらの成分が皮膚からしみこみ、身体によい効果を与える。
環境効果
温泉の多くは海岸や山の中、自然豊かな環境にある。日々の生活環境から離れ、自然の中でゆっくり過ごすことで、心の疲れを癒すことができる。
反復入浴効果
熱い温泉につかると皮膚の汗腺や皮脂線が開き、汗や脂肪が洗い流されて新陳代謝がスムーズに行われる(温熱作用)。一方ぬるめの温泉は、副交感神経が刺激されてリラックスできる。
見出し
また、お湯の中では、ウエストが3〜5cmくらい細くなる。身体に水圧がかかるからだ。これはマッサージ効果などといわれているが、外側だけでなく内側にも効果アリ。例えば肺が圧縮されて呼吸運動が活発になるなどである。

もちろん、家のお風呂にも同じ作用があるのだが、温泉といえば1日数回お湯につかるのが醍醐味…という人が多い。繰り返しつかることで効果が高まるわけである。


見出しまじめな話、温泉医学ってちゃんとあるのだ


実のところ、このような温泉の効果を病気の治療に生かしている医師、病院も多い。一般的に温泉治療、温泉療法と呼ばれているものだ。

この歴史は意外と古く、昭和6年、別府温泉に九州大学温泉治療研究所(現・生体防御医学研究所)が作られたのが始まり。翌年には専門学会(現・温泉気候物理医学会)も結成された。

温泉療法といっても、ただただ温泉につかるだけではない。したがって、頼りにする医師が温泉医学を習得しているかは必ずチェック。日本では「温泉気候物理医学会」が、温泉認定医、温泉療法医を認定している。

温泉療法を行っている病院(温泉病院)は数多くあるが、多くは交通事故などのリハビリやリウマチなどの病気を対象としている。したがって、治したい病気の温泉療法をしているかどうか、あらかじめ問い合わせてみたほうがいいだろう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。