healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
もし、がんにかかったら・・・

見出し がん治療に入院は避けられない?
がんの部位別平均入院日数
2005年 2002年 1999年 1996年
胃がん 34.6日 39.3日 41.8日 47.1日
結腸がん 27.8日 32.0日 37.2日 37.1日
直腸がん 33.6日 38.4日 42.2日 45.6日
肝臓がん 26.9日 30.4日 33.2日 38.4日
肺がん 34.1日 39.7日 44.8日 50.1日
乳がん 17.0日 27.8日 30.0日 36.1日
子宮がん 21.6日 31.4日 34.9日 42.2日
悪性リンパ腫 37.5日 52.4日 63.5日 72.4日
白血病 57.9日 64.2日 63.5日 68.9日

厚生労働省「患者調査」より

上の表は、がんの部位別の平均入院日数。がんの治療のためには大体1〜2ヵ月は入院が必要なようだ。また、回数も1回ではすまないのが現状。とはいえ、面倒とは言っていられない。治療を受けるか受けないかで生死が決まってしまうかもしれないのだから・・・。



見出し がん治療最前線

健康診断などでがんが発見されたら、どのくらい進行しているのか「病期の判定」を行なうと共に、がんの組織型(がんがどの細胞にできているのか)を調べる。例えば、同じ胃がんでも、粘膜にできているがんと、筋肉部分にできているがんでは治療法が異なるからだ。

このような検査を行った後、治療方法が検討される。以下、主な治療方法を簡単に紹介しよう。
治療方法 方法
外科療法 がんの発生した部位から転移したところまでをまとめて切り取る治療法。いわゆる手術である。現在は、転移したところまでごっそり切り取る「拡大手術」と、切り取る範囲をできるだけ最小限におさえる「縮小手術」の技術が発達してきている。
内視鏡療法 長い管の先に特殊なカメラをつけた内視鏡は、消化管内などの病巣の検査のほか、先に細いワイヤーを輪にしたものをとりつけて、がんに侵されたところを切りとるなど、治療にも活用されている。ただし、内視鏡を用いて治療できる部位などは限定されている。
レーザー療法 高出力レーザーを使って腫瘍を焼き切る方法と、低出力レーザーを使う光線力学的治療法がある。周りの正常な部分への影響を最小限におさえつつ、がんを焼き切ることができる。
放射線療法 がんに侵されたところに放射線をあてると増殖をおさえることができる。早期のがん(喉頭がん、乳がんなど)であれば患部を切除しないで治すことができる。また、末期がん患者の苦痛を和らげるのに用いられることもある。
化学療法 いわゆる抗がん剤を使って、がん細胞を破壊する治療法。静脈に注射をしたりすることで、抗がん剤が血液中を通り全身に運ばれるため、白血病などのがんに使用される。また、手術療法や放射線療法の前後に使用されることもある。

これらの治療法のほかにも、ホルモン療法、温熱療法、免疫療法など、さまざまな方法が考案されている。また、上で述べた治療についても、いくつかを組み合せて行うケースが多い。

このようにがんの治療技術は格段に向上してはいるが、それぞれ、合併症や副作用などの危険性を伴うケースも多い。この点についても、医師の説明をよく聞いて納得した上で治療に臨む必要がある。

見出し 治療費はどのくらいかかるのか?

がん治療にかかる費用は、がんの部位や病期、治療方法で異なるため、一概には言えないのが現状だ。ここでは、一般的にどのような費用がかかるのかまとめてみた。

入院にかかる費用
1 健康保険の対象となる治療については、本人の負担は医療費の3割。なお、自己負担額は1ヵ月あたり80,100円+(総医療費−267,000円)×1%が上限であり、それを超過した分の金額は健康保険から払い戻される。しかし、例えば10月半ばから11月まで治療にかかった場合、10月、11月の治療費が80,100円を超えないと払い戻しはなし。また、手続きに3〜4ヵ月かかるため、一時期医療費を負担しなくてはならない。
2 先進医療とは、要件を満たして承認されたもので、これらの医療は特定の承認を受けた病院で行われる。ただし、一般的な治療にも共通する検査、投薬、入院料などは健康保険の給付が受けられるが、「先進医療に係る費用」は患者が全額自己負担になる。
3 このほか、健康保険の対象外である抗がん剤などを利用する場合、実費分を自己負担することになる。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。