healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
がんってどんな病気なの?


見出し 体内の細胞が突然変異でがん細胞に


人間の身体は約60兆個の細胞からできている。これらの細胞は、古くなったものは死んで、また新しい細胞ができるという繰り返し(新陳代謝)を常に行っている。・・・と言うのは簡単だが、古くなった細胞の代わりに、まったく同じ新しい細胞が生まれるなんて考えてみれば不思議な話。なぜだろう?もちろん皆さんはご存知だろう。細胞の設計図である遺伝子が存在するからだ。

現在、がんは遺伝子の異常が原因で起こる病気だと考えられている。
がん細胞の発生と進行
4 紫外線、放射線、一部の化学物質などが細胞内の遺伝子に異常を起こす
4 異常な遺伝子をもった細胞が分裂し、突然変異のがん細胞が生まれる
4 がん細胞はどんどん分裂を繰り返し、身体の組織や臓器の中で固まりになる(腫瘍)
4 腫瘍が周囲の臓器を圧迫して害を及ぼしたり、組織や臓器などに進入して正常な働きを妨げる


見出し ぎりぎりになるまで、自覚症状が出にくい


がんの進行する段階は、病巣の大きさや深さ、周囲の組織にどのくらい広がっているか、手術が可能かなどの視点から診断される。なお、がんの進み方は、身体の部位によって異なるので、進行段階の決め方もそれぞれ異なっている。

ここでは、胃がんの例を紹介しよう。


段階
(病期)
がんの進行 自覚症状など
早期がん もっとも内側の粘膜層でがん発生。数年間は粘膜にとどまるが少しずつ増殖。→粘膜下層まで広がる。 自覚症状はほとんどないが、胃がん検診などで発見されることが多い。早期の段階で手術を受けた場合の5年生存率は90%以上。
進行がん がん細胞が筋層〜しょう膜に達した状態。胃の中の他の場所や、リンパ腺や肝臓など他の臓器へ転移しやすくなる。 胃周辺の痛み、嘔吐、腹部のしこり、おなかがはる、便が黒くなるなどの症状が出る。5年後の生存率は40〜50%(転移のない場合)。

進行がんがさらに進んで他の臓器へがんが転移し、全身状態が極度に悪くなると、手術などで治すことはできなくなる。このような状態を『末期がん』という。

このように、がんは、早期の段階で見つければ治る可能性が高い。しかし、この時点では自覚症状のないことが多い。定期検診が重要だといわれるのはこのためなのだ。


見出し がんは体内のいろいろな部位で発生する


医学的には、がんは悪性腫瘍などと呼ばれる。腫瘍とは『腫れ物』という意味。がん細胞が増殖すると大きな腫れ物のようになるからだ。腫れ物といえば、いぼやポリープなどを思い出す人もいるだろう。しかし、これらは転移して、他の臓器に害をおよぼしたり、命にかかわるものではない。そこで、悪性腫瘍と区別して良性腫瘍と呼ばれている。

悪性腫瘍は、発生する細胞の種類によって下表のように分類されている。


がんの種類
分類 がんの発生する部位 特徴
がん腫

消化管や呼吸器粘膜、肝臓などの臓器を作る上皮細胞から発生する。さらに、右のように分けられる。それぞれ性質が違い、治療法も異なる。
扁平上皮がん 皮膚、食道、喉頭、口腔、膣、陰茎、陰嚢、外陰、上顎、子宮けい部、肺 リンパ腺や血管を通って他の臓器に転移しやすい
腺上皮がん 胃、腸、乳房、肝臓、腎臓、胆のう、前立腺、甲状腺、卵巣、子宮体部、肺 いわゆる、内臓に発生するがんを指す
未分化がん どの臓器にも発生する 扁平上皮がんか腺上皮がんかはっきりせず、発生しやすい部位も特に決まっていない
肉腫

上皮細胞以外の細胞に発生する。筋細胞、神経組織の細胞など発生する部位によって 右のように分けられる。
肉腫 骨、筋肉、繊維細胞(神経の細胞)など 胃や腸などの筋細胞に発生するがんや、一部の脳腫瘍も肉腫に含まれる
悪性リンパ腫 リンパ節、脾臓、扁桃 これらは、血液の悪性腫瘍とも呼ばれている
白血病 骨髄
多発性骨髄腫 骨髄

表を見て分かる通り、がんは体中のどの組織でも発生する可能性があるが、発生する部位によって性質が異なる。がんという病気がわかりにくいのは、この複雑さのためである。

なお、同時に2つ以上の臓器でがんが発見されるケースもあり、このようなケースは『多重がん』と呼ばれている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。