healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


がん細胞の産みの親は活性酸素!?


見出し 体内の細胞は分裂を繰り返す


人生約80年。といっても、体内すべての細胞の寿命が80年間というわけではない。脳細胞を除く 体内の細胞はすべて、人間が生きている間、何度も生死を繰り返しているのだ。この営みが「新陳代謝」なのである。

古い細胞が死んで、まったく同じ新しい細胞が生まれるのは、細胞の設計図ともいえる遺伝子(DNA)があるからだ。ところが、この過程で狂いが生じ、まったく別物の細胞が産まれる突然変異が起こることがある。


見出し 活性酸素が細胞を“がん”化する


活性酸素は『酸化』という分子レベルの攻撃を行うため、DNAを構成する物質を変質させて、傷をつけてしまうことが可能だ。つまり、別の細胞が再生される突然変異を起こす原因のひとつなのである。ただし、突然変異の細胞が産まれただけで、すぐにがんになるということはない。

発がんのプロセスは、下の図のように3段階ある。この1段階と2段階で、活性酸素が重要な役割を果たしている。

第1段階

イニシエーション(初期化)
活性酸素VSDNA復元遺伝子

第2段階

プロモーション(促進期)

突然変異細胞の発生
第3段階

プログレッション(進行期)
腫瘍の発生

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。