healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


浄水器の選び方


見出し どんなタイプがお好み…?


浄水器は、値段もタイプもさまざまで、お店に行ってもどれにするか迷ってしまう。
手軽につけられる家庭用浄水器には、主に次の3つのタイプがある。いずれも塩素の臭みをのぞいて、「おいしい水」にする効果がある。あとは、それぞれの特徴を知って、どれを選ぶかはアナタ次第…。

とにかく手軽に使いたい! 活性炭吸着タイプ
どんなはたらき? いろいろなものを吸着する性質がある活性炭で、残留塩素や有機物、臭いなどを除去することができる。発がん性のあるトリハロメタンもある程度は取り除ける。
注意する点 活性炭の量と質によって、不純物の除去効率が異なるので、この点をよくチェックする。
「キレイな水」を最優先 活性炭吸着+中空糸膜ろ過タイプ
どんなはたらき? 中空糸フィルターの、1本1本の糸がホースのようになっていて、その壁面には小さな穴が数千億個もあり、まるでスポンジのようになっている。このフィルターを通過するときにサビや汚水による赤水を処理し、雑菌類も除去できるので、活性炭吸着のみのものより浄化性能が高い。
注意する点 ろ過率が高い分、このタイプの浄水器を通すと、流水量が少なくなるのを覚悟!
水量はある程度欲しい… セラミックろ過タイプ(多くは活性炭吸着もプラスされている)
どんなはたらき? セラミックを活性炭とあわせて、フィルターとして利用し、臭い・有害物質などを取り除く。
注意する点 中空糸膜によるものよりも水の流量は多くとれるが、その分浄化性能が少し劣る




見出し 浄水器で大切なのは、何より「ケア」だ!

せっかく良い浄水器を買っても、ケアを怠れば効果は、格段に低くなる。それどころか、かえって「キケンな水」を作り出してしまうことにもなりかねない…。

 
フィルターは早めに交換すること
上で紹介したタイプの浄水器は、価格的にも手ごろで、数千円くらいから購入できるものが多い。しかし、定期的にフィルターを交換しないと逆効果になってしまう。
危険ここが危ない!
★フィルターの活性炭も長期間使用すると、不純物の吸着機能が低下する
★吸着機能が落ちると、トリハロメタンのように吸着しにくいものは、吸着しやすい残留塩素と入れ替わって、活性炭から水中に溶け出してしまう
 
しばらく浄水器を使っていなかった場合、十分放水してから使う
旅行などで留守にして、2〜3日以上浄水器を使用しなかった場合、2〜3分間は十分に放水すること。
危険ここが危ない!
★浄水器を使用しない間、たまってしまった水に雑菌が繁殖している恐れがある



見出し 「高い」浄水器はどこが違うの?
いくら、おいしくて安全な水のためとはいえ、数万円〜数十万円と、やたら高価な浄水器があるが、普通の浄水器とどう違うのだろう?その違いは、より健康効果が高いと言われている水をつくり出せることにある。
しかし注意すべきは、それらも半永久的に使えるものではない。やはり1年〜2年おきに、分解掃除などメンテナンスをする必要がある。したがって、購入する際には、「自分はどんな効果を期待しているのか?」「メンテナンスがしやすいか?」などを十分確認してから選びたい。


ピュアウオーター=蒸留水をつくるタイプ
不純物をほぼ100%除去し、蒸留水(ピュアウオーター)など、純度の高い水を精製する。これに必要なミネラル分を添加する機能をつけ、理想的な水を手にいれるのである。
アルカリイオン水をつくるタイプ
アルカリイオン水については、厚生労働省でも「飲用すれば、胃腸内異常発酵、慢性下痢、消化不良、胃酸過多などに有効である・・・(1965年)」と認めている。また、最近ではアトピーなどに効果があるという報告もあり、治療のために摂取を勧めている病院もあるようだ。
電解水・電子水をつくるタイプ
水に電圧などをかけて、水の分子集合を小さくしたのが「電解水・電子水」。これも身体に良いと言われている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。