healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

水道水も、おいしく飲もう!

「水道の水なんて、マズくて飲めない」という人もいるかもしれませんが、日本の水道水は世界の中でも安全でおいしい方といえます。おいしくない原因となっているのが消毒用の塩素です。これを取り除けば、水道水もおいしく飲めます。

水道水をおいしくする方法

日本は蛇口をひねれば水が飲める、世界でも数少ない「安全な水」の国です。水源の良いところでは、味も最高です。一方、世界の大都市の8割では水道水は飲めないと言われています。問題は、東京などの水道水がおいしくないこと…。
水道水がおいしくない最大の原因は「消毒用の塩素」にあります。水源の良いところの水は、消毒する必要が少ない=塩素が少ないためにおいしく、つまり、この「塩素」をなんとかすれば、水道水もおいしく飲めるのです。

まず基本の条件として、朝一番あるいは長い間使ってなかった後の水道水は、サビや有害物質がたまっている恐れがあります。もったいありませんが、しばらく流してから使いましょう。

  • ●沸騰させて塩素を飛ばす
    やかんや鍋に水を入れ、沸騰したらフタをとり、そのまま3〜5分、沸騰させ続けます。
  • ●レモン汁を入れる
    冷たい水ですぐ使いたい場合、レモン汁2〜3滴を入れます。
  • ●備長炭や竹炭を入れる
    炭には脱臭効果のほかに、ミネラルを溶け込ませる効果などもあります。
  • ●浄水器をつける
    浄水器は塩素を取り除くのに、確かに効果があります。問題はその使い方や管理です。
  • ●まずは自分の所からの排水を汚さない
    水は地球環境の中でめぐっているもの。そしていまや、廃水処理施設を導入している工場より、むしろ家庭から出る廃水の方が問題になっています。水質汚染原因NO.1は、生活廃水なのです。おいしい水道水を飲むためにできることを、一人ひとりがしていきましょう。
  • ●受水タンクをこまめにチェック!
    マンションなどの集合住宅では、水をいったん受水タンクに貯め、各家庭に供給しています。このタンクや、タンクと家庭を結ぶ水道管の汚染や腐食が原因で、水が汚染されているケースがあるようです。集合住宅の受水タンクや水道管の管理は、住んでいる自分たちの責任、最低でも、1年に1回のタンク清掃や水質調査などを行っていくよう心がければ、安心しておいしい水道水が飲めるでしょう。

マズイ塩素をなぜ使う?

水をマズくする塩素ですが、決して闇雲に使われているわけではありません。安全基準を満たす分だけ使われています。

  • ●塩素の良いところ
    細菌などを消毒し「飲むことができる水」にします。安く簡単にできるため、水道代をおさえられます。
  • ●良くないところ
    細菌が多く汚染されている水には、大量の投与が必要になります。大量の塩素が投入されると、発がん物質であるトリハロメタン発生の原因となります。

水道水の安全基準って?

日本の水道は、国が定めた「安全基準」に基づいた水道水を供給するよう義務づけられています。そして、水道局ごとに定期的に水質検査が行われ、結果が公表されています。
次のような項目については、基準値、目標値、指針値がそれぞれ示されているので、おいしくて安全な水を飲むためにも、一度確認してみましょう。次の表の物質の濃度が高いようなら、何に汚染されているのか、大体のところをつかむことができそうです。

  具体的な項目の例 濃度が高いときは
健康に関する項目
(全29項目)
一般細菌消毒滅菌が不十分
水銀・シアン・フッ素水道水中に産業廃水が混入している恐れがある
硝酸製窒素・亜硝酸性窒素動物の糞尿や下水の混入の可能性が大きい
水道水が有すべき性状に関連する項目
(全17項目)
陰イオン界面活性剤家庭用廃水や工場廃水による汚染が推測される
PR

アドバイザリーボード

  • 答えてドクター healthクリックでは皆様に安心してご利用いただくため、専門家で組織するアドバイザリーボードを設置しています。