healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


生活習慣がカギ!防げる『老化』


見出し 努力すれば抑制できる外的要因による身体の衰え


身体の様々な部分で起こる老化現象。その原因も様々だ。ある程度の年齢になると必ず起こる現象もあれば、努力次第で防ぐことができるものもある。ここでは、原因として外的な要因が大きく、努力すれば防ぐことができるものを紹介しよう。


皮膚のシミ・しわ

お肌の曲がり角は○歳などとよく言われる。しかし、皮膚の老化には個人差と部位による違いがある。なぜなら、皮膚の老化の80%以上が日光によるものといわれ、日光のあたりやすい皮膚ほど早く老化するからだ。

日光の影響下で起こる老化現象には、皮膚の乾燥、発汗の減少、毛の成長速度の低下、しわの出現などがある。この中で皮膚の乾燥、しわの出現などは主に40歳ごろ(から)目立つようになる。しかし、日焼け止めや帽子の使用などで日光にさらされないようにすることで、老化を遅らせることは可能だ。

また、洗顔方法にも注意。スポンジやたわしなどでこすって皮脂を落としすぎると、皮膚が乾燥しやすく なってしまう。石けんを使ってなで洗いするだけでも十分なのだ。身体についても同様。手の届く範囲は赤すりタオルなどを使わずに手と石けんだけで洗うようにしよう。

体力・筋力

身体を支える元となる筋肉や骨の力は、20歳くらいまでの間に発達し、それ以後はゆるやかに衰えていく。筋肉などを作る成長ホルモンの分泌がこの年齢を境に激減するからだ。しかし、歳をとってもそれなりに運動をしていれば、体力、筋力ともに衰えを遅らせることができる。

逆に、日常最低限しか身体を動かしていないと、体力・筋力ともに衰える速度が進んでしまう。30代後半なのに、50歳代の平均以下しか筋力がないなんて人も、最近では珍しくないのだ。

歯のぐらつき・抜け

30代くらいではまだ現実的ではないかもしれないが、『歯がぐらつき、抜けてしまう』のも老化現象のひとつだ。しかし、これも歯周病などの病気が直接の原因。ケア次第で80歳まで入れ歯のお世話にならずにいることもできるのだ。

歯周病とは、歯みがきによって落としきれなかった食べ物のカスや細菌の固まり(歯垢)が歯と歯ぐきの間にたまり、毒素を出して歯ぐきなど歯の土台を弱くしてしまう病気。そのうち、歯と歯ぐきの間に膿がたまり(歯槽膿漏)、最終的には歯がぐらついて抜けてしまうのだ。

15歳以上になると、歯の異常の大部分が歯周病によるものとなる。今は異常がなくても、歯を守る生活を怠ると、10年後には入れ歯や差し歯のお世話になる可能性が高いのだ。

歯周病を防ぐためには、きちんとした歯みがき(デンタルフロスなどで歯と歯の間もしっかり落とす)を行うのが一番だが、身体そのものの防御力を保つことも大切。例えば、唾液には殺菌作用のある酵素が含まれている。物をよく噛んで食べ、しっかり唾液を分泌させる習慣も意外と大事なのだ。そのほか、お茶にふくまれるフッ素やカテキンも抗菌作用があるので、食後に飲む習慣を心がけたいもの。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。