healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
貧血はどうして起こるの?


貧血の原因は何か?そのほとんどが「鉄欠乏性貧血」だが、他の病気が原因のケースもある。深刻な病気が見つかることもあるので、「貧血かな?」と思ったら病院で検査を受けてみることをお薦めしたい。


鉄欠乏性貧血 赤血球のヘモグロビンはヘムとグロビンから成る複合タンパク体だが、ヘムの成分の中に鉄が入っている。したがって、鉄が不足→ヘモグロビンができない→赤血球が小さくなったり赤みが薄くなる。さらに赤血球の役割、酸素を体内に運ぶはたらきにも支障が生じてしまう。
ビタミンB12欠乏性貧血・葉酸欠乏性貧血 脊髄で赤血球が作られる際に必要なビタミンB12や葉酸が欠乏した結果、赤血球の生産が減少して起こる貧血。白血球や血小板の数も少し減少する。巨赤芽球性貧血、悪性貧血とも言われる。
再生不良性貧血 赤血球を作る骨髄そのものが障害を受けたり、赤芽球(赤血球のもと)に原因があって、赤血球が十分に作られなくなったために起こる貧血。白血球や血小板の数も著しく減少する。
溶血性貧血 赤血球の寿命は120日、その後は肝臓や脾臓で壊される。この壊す力が強くて、赤血球の生産が追いつかずに起こる。
続発性貧血 リウマチやがん、寄生虫、そのほか心臓や肺、腎臓、肝臓などに病気があり、それに伴って起こる貧血。妊娠によって起こる貧血もこれに含まれる。
失血性貧血

大ケガをしたり、手術をしたりしたとき、大量の出血によって一時的に赤血球を失う急性の場合と、胃かいよう、痔、月経過多などで、長時間少しずつ出血する慢性の場合がある。女性に多い鉄欠乏性貧血の根本原因はこのケースが多い。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。