healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
炭にも「白」があった!?


見出し 炭の主な3つの種類

「良い炭」として有名な備長炭。最近、注目の高い竹炭。これらは、キャンプ用に売っている一般的な黒い炭とはちょっと違う。炭にも種類があるのだ。その中で、健康に効果がある炭ってどんなものだろう?それぞれの違い、特性を知って、上手に使おう!

黒炭
作り方 400〜700℃の比較的低温で焼き、木が炭になった時点で窯を密閉してしまい火を消す。
形状 表面に皮がついて黒色をしている。柔らかい。
特徴 火付きが良い。
利用法 金属の精練や鍛冶、茶道など。水やお風呂に入れたり、ごはんを炊くのには、あまり向かない。

白炭
作り方 1000℃以上の高温で焼く。白熱した木炭を1本1本窯口まで集め、15〜20kgずつ外に引き出し、消粉(けしこ)といわれる湿気を含んだ灰と土をかけて火を消す。この消粉がついて白く見えるために、白炭といわれる。
形状 白っぽく見える。木の皮はとけている。ノコギリでも切れないほど硬い。
特徴 燃料としては、火付きは悪いが、火持ちが良い。
表面には細かい孔(あな)が無数にあいており、これが色々な健康効果をもたらす秘密…。詳しくは「炭のパワーの秘密はコレ!
利用法 生活燃料、暖房の他に、食べ物・空気・水の浄化など、健康生活にも有用。

竹炭
作り方 竹を焼いて炭にしたもの。水蒸気を窯の内部で回流させ、窯の温度を約1.5度ずつ上げながら、3〜4日かけて焼く。炭化には木炭の約半分の40〜50時間かける。
形状 導管にそって、縦に無数の孔を残している。このため、 消臭・防湿効果が高く、その吸着力は黒炭の10倍以上もあると言われている。
特徴 金属イオン(マグネシウム・カルシウムイオン)やカリウム、ナトリウム、鉄分などの天然ミネラルが豊富に、しかも水に溶けやすい形で含まれている。
利用法 白炭と同様の、健康生活へのさまざまな活用ができる。


見出し 素晴らしき副産物!木酢液

炭には、できあがった炭そのものだけでなく、それを作る過程からうまれる木酢液(もくさくえき)という副産物もある。木が燃焼するときに含まれる水蒸気を集め、精製したもので、保水、保湿、抗菌、消毒、消臭など、さまざまな効果がある。
詳しくは、「ビューティー&ヘルシーに炭(木酢液)
竹から採れるものは「竹酢液」といい、ギ酸を多く含むため地面に撒いておくとムカデよけにもなる。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。