healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
現代人のお腹救済!ヨーグルト効果

見出し 便秘に効果!ビフィズス菌が増えた!
身体に良い乳酸菌を含んだヨーグルトは、研究によりさまざまな効果が確認されている。特にすぐに確認できるのが、下左図の通りの便秘の解消!そして下右図の通り、腸内ビフィズス菌が増えることで、さらにいろいろな健康効果が期待できるのだ。

便秘解消グラフ ビフィズス菌増加グラフ
お通じが週6回以下の31名に、1日100gのヨーグルトを7日間食べてもらった結果。 79名の方に、1日100gのヨーグルトを7日間食べてもらった結果。腸内の善玉菌(ビフィズス菌)の数は2倍以上に増加。

便秘に効果的!
ヨーグルトの乳酸菌が作る乳酸や酢酸は腸に刺激を与えて、その動きを活発にする。すると食物の消化吸収がスムーズに進み、便もすみやかに排泄されるようになる。それによって、悪玉菌が食べ物を分解して作る有害物質を腸内に長時間ためず、体外に出すことができる。しかも便そのものも、悪玉菌の減少で、有害物質の少ない良い便となる。

肌荒れ、ニキビ、吹き出物を解消
腸内の悪玉菌のはたらきがおさえられると、腸から吸収されて血液などと共に身体中にまわっていた有害物質が減る。すると、お肌も健康回復!いつまでも“つるつるすべすべ”の肌を保つ「美の秘けつ」は、腸内の善玉菌をヨーグルトで増やすことなのだ。

身体・骨を丈夫に作る
ヨーグルトのたんぱく質は、発酵の過程で、なかば消化されたような形になっている。そのため、消化・吸収がとても良く、身体づくりに役立ちやすくなっている。また骨を丈夫にするカルシウムや、血液を作る鉄分の消化吸収を良くするはたらきもある。さらに腸内では、ビタミンB群を合成し、炭水化物の代謝を助けて、体力をつくる。

老化を防止!
「老化」の原因のひとつに、悪玉菌が作る有害物質の「悪さ」が考えられている。データを見てみると、年をとるにつれて腸内の悪玉菌が増えていっている…。一方でヨーグルトで有名なブルガリアでは、長寿者が多い。ヨーグルトが老化を防止しているのだ。

血中コレステロール値を下げてくれる!
まだメカニズムは解明されていないが、乳酸菌のアシドフィルス菌とビフィズス菌は、血液中のコレステロール濃度が上がるのをおさえる力を持っており、心筋梗塞などにかかりにくくなる効果が期待できる。

食品添加物から発がん性物質を減らす
私たちが食べている食品に含まれている食品添加物の中には、身体の中で発がん物質に変わる変異原性という性質を持っているものがある。乳酸菌のアシドフィルス菌はこれをおさえるはたらきをしてくれる。

身体の免疫力を高める
外から来るウイルスや細菌から身体を守るのが免疫の力。その力が落ちたとき、人は病気に感染する。また免疫の力に変調が起きたときに発病するのが「がん」。ヨーグルトで元気になる善玉菌の中には、免疫機能を活性化させ、ウイルスや細菌、がんから私たちを守ってくれるインターフェロンの生産を助けるものがある。また、がん細胞を殺すキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化するものもある。
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。