healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康に効く!お茶の選び方・入れ方

見出しおいしいお茶はこうして入れる

お茶の入れ方せっかく薬効の高い日本茶も、いい加減に入れては台無しだ。美味しさと、健康効果を引き出すなら、お茶の正しい入れ方の基本は要チェック!

1 やかんでお湯を沸騰させる。
2 急須や茶わんに、熱湯を入れて温める。
3 熱湯を戻した後、急須にお茶の葉を(2〜3g・小さじ1杯程度)入れる。
4 そっとお湯を注ぐ。
熱湯でいいもの 番茶、ほうじ茶、玄米茶、釜入り茶、茎茶、粉茶
冷ました湯がいいもの 玉露(50度くらい) ・上級煎茶、芽茶(70度くらい) ・普通煎茶、深蒸し茶(90度くらい)
5 お茶が浸出するのを待ってから、そっと茶わんに注ぐ。
3分くらい 玉露・番茶・ほうじ茶・玄米茶・茎茶
2分くらい 上級煎茶・芽茶・粉茶
1分くらい 普通煎茶・深蒸し茶・釜入り茶
6 二煎めは、一煎めより熱いお湯(それぞれ10〜20度くらい)を注ぎ、30〜40秒ほど待つ。


見出しタイプ別お茶の種類といれ方

「生活習慣病」を予防したい
選びたいお茶
煎茶と番茶・・・動脈硬化(高脂血症)、糖尿病、がんなどを防ぐはたらきがあると言われるカテキンを最も多く含む。
ギャバロン茶・・・高血圧予防に、血圧降下作用があるγ−アミノ酪酸が多くなるように加工してある。
入れ方
上級煎茶の本来の旨みを味わうなら、一煎めは60度くらいのお湯で2分ほど待つのが理想。
ただ、この入れ方で浸出するカテキンの量は12.2%だ。二煎めは90度くらいの熱湯で入れることが多いが、これで41.6%のカテキンが浸出。つまり、健康を考えて煎茶を飲むなら二煎めまでしっかり飲むことをお薦め。
番茶の場合は、一煎めから熱湯で2分間くらいがおいしい入れ方と言われるが、このとき浸出するカテキンは一煎めで41.6%、二煎め38.7%だ。てっとり早くカテキンを得るためには、番茶のような入れ方をするといいようだ。
●最近、人気を集めている冷水で入れる方法では、30分浸出でカテキン18.9%、一晩では36.7%。
そこで、長時間浸出するほうがベター。ただし、どの季節でも「衛生的でよく冷えた水を使う」「冷蔵庫での保冷」が原則だ。

「酔い」の改善、「ビタミンC補給」をしたい
選びたいお茶
玉露や煎茶・・・酔い防止に効く「カフェイン」、喫煙者に必要不可欠な「ビタミンC」を多く含むのが、こうした高級茶だ。
入れ方
●カフェインもカテキンと同様、90度くらいのお湯で入れた方がよく浸出する。
ただし、一煎めでほとんど出てしまうようだ。ビタミンCも一煎めでほとんど出てしまうので注意。
なお一晩、水で出した煎茶はカフェインも40%くらい浸出しているため、二日酔いには最適かも。

「虫歯」を予防したい
選びたいお茶
番茶・・・歯予防に効く「フッ素」は、遅い季節(8月ごろ)に摘まれた番茶に多く含まれている。したがって、食後に口中をきれいにするために飲むなら安い番茶で十分というワケ。
入れ方
●番茶は一煎めから90度くらいの熱湯で入れるとおいしい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。