healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

種類によって何が違うの?日本茶リスト

見出し日本茶の違いは製造法にアリ

お茶製造お茶の木はツバキ科永年性常緑樹
お茶の葉が採れるまでには5年くらいかかるそう。
葉は摘み取られた後、蒸し、乾燥させながら揉み込んで、店頭で見られるような小さな丸や、細長い形に整えられていく。中国のウーロン茶や紅茶などは蒸した後、発酵させるが、日本茶は発酵させないものが多い。

さて、玉露に抹茶、煎茶に番茶・・・この違いは主に栽培法や摘み取り時期、製造法の違いによるもの。それぞれ、どのように作られ、どんな違いがあるのかをまとめてみよう。

煎茶 緑茶の代表。蒸した後、乾燥させながら撚(よ)って細長い形にしたお茶。
一番茶(新茶)・・・5月の八十八夜前後に摘まれたもので「上級煎茶」とされる。
二番茶一般的な煎茶)・・・6月ごろ摘まれたもの。
三番茶・・・8月ごろに摘まれたもの。
(二番茶の晩摘みのもの、三番茶は「番茶」に分類されることもある)

生産地や品種によって「ヤブキタ」「大河内」などのブランドがある。
番茶 煎茶の加工過程で取り除かれる不揃いの葉、茎、粉や、夏に摘む三番茶などを材料に作られたお茶。
玉露 上質の葉を作る木だけを集めて栽培。摘み取りの2週間前に葉に菰(こも)をかけ、直射日光にあてないようにするため、鮮やかな緑色の芽が出る。精製も丁寧に行われ、丸い感じに揉み込まれる。
茶摘みは煎茶より遅く、市場に出るのは6月ごろになる。
抹茶 抹茶も葉を直射日光にあてない覆下栽培。
葉を蒸した後、乾燥させて石うすで粉にしたもの。
ほうじ茶 番茶などを強火で炒って、香ばしい臭いをつけたお茶。
色はウーロン茶や紅茶に近いが、煎茶よりカフェインやタンニンが少ないため、病人や子ども用のお茶として人気がある。
玄米茶 一度炊いてから炒った玄米に、煎茶(下級煎茶が多い)を同量混ぜたもの。
玄米の香りが、独特の香ばしさを出してくれる。
茎茶 煎茶や玉露の製造工程で除かれるもののうち、茎だけを集めて作られたもの。といっても、本茶が上級品であれば、茎茶も上級品。玉露の茎茶は特に珍重されている。
芽茶 春先に伸びる芽と、若葉だけを集めて作られたもの。一番茶と二番茶にしかない。
高級煎茶の芽茶は、味が濃く芽の独特の味わいが楽しめる。
粉茶 煎茶や玉露の製造工程で除かれるものをふるいがけし、粉だけを集めたもの。
煎茶粉末、玉露粉末がある。
お寿司屋さんなどで出るのは上級煎茶の粉茶であることが多い。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。