healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
カラダのどこが「太る」の?

見出しキケンな脂肪のつき方

 内臓脂肪と皮下脂肪 左図の通り、細胞にたまる脂肪には、内臓の周りにつく内臓脂肪と、内臓と皮膚の間につく皮下脂肪があります。この2つは同じ「太った」状態でも、キケン度が異なります。内臓脂肪は、内臓そのものへの負担が大きいだけでなく、血液の中に溶け出しやすいため、さまざまな生活習慣病の原因になりえます。
くわしくはこちら!→自分の肥満度を知ろう!(BMI編)

見出し内臓脂肪のたまりやすいタイプは?

リンゴ型肥満とナシ型肥満左図の通り「体型」で見ると、肥満は大きく2つのタイプに分けられます。
●リンゴ型
お腹が出っ張って、ウエスト周りが「立派」な太鼓腹。中年男性に多いタイプ。
●洋ナシ型
お腹でも下っ腹や、腰周り、太ももなどの下半身が「立派」。女性に多いタイプ。
洋ナシ型は皮下脂肪が多いのに比べ、リンゴ型は内臓脂肪がたまっているキケン性が高いです。ベルトがきつくなってきたら、要注意!。

見出し内臓に脂肪がたまっているか調べるには?

リンゴ型肥満体型で、体脂肪率が高かったり、血液検査で脂質が多めと出たりする場合は、内臓脂肪がたまっている恐れがあります。実際に、内臓に脂肪がたまっているかどうかは、病院のCTスキャンで腹部断面像を撮影し、調べることができます。CTスキャンと聞くと、大袈裟に感じてしまうかもしれませんが、動脈硬化で倒れてからでは遅すぎるので、早めに診てもらいましょう。
更新日:2014年8月4日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。