healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
試してみたい?漢方薬


見出し どんなはたらきをする薬?


花粉症などのアレルギーは、ハッキリした原因が分かっていない。これに対し西洋医学は、現われた症状を、とにかく抑えることを目的とした 対症療法 の薬を発展させてきた。一方、東洋医学の漢方薬がめざすのは、まず病気の原因を身体の変調に求め、それに対する一種の 原因療法 である。したがって、花粉飛散の期間だけ処方するのではなく、じっくり治していく。
ただし全部が全部、効くわけではない。西洋薬は、もう全部止めて漢方だけで治す!など極端なことをしても、悪化してしまうケースの方が多い。信頼できる漢方の専門医にキチンと診断を受け、 西洋薬との折り合いをつけながら改善 していこう。
西洋薬と併用する場合は、漢方薬が全身に対するものであれば、西洋薬は局所的なものだけにするなど、服用がかぶらないように気をつけたい。


見出し どんな種類があるのだろう?


小青竜湯
(しょうせいりゅうとう)
身体を温める。発汗をうながす。せきを止め、痛みを和らげるなどのはたらきがある。 鼻水、くしゃみ、鼻炎 などの症状に効く。 重くて長い花粉症 に。半年にわたる、長期の服用が必要な場合もあり。 主に20〜30歳代の、体力が充実し、栄養も十分なタイプ向き。
葛根湯加川きゅう辛夷
(かっこんとうかせいきゅうしんい)
鼻づまり で眠れないなどに効果的。首から肩にかけて筋肉のコリがあり、鼻水に多少粘りがあるような症状をもち、やや体力のある人向き。
麻黄附子細辛湯
(まおうぶしさいしんとう)
主に中高年の、やせ型で血色もすぐれず、寒気を感じる、体力の弱っている人向き。 麻黄による覚醒作用があるので、抗ヒスタミン薬のように 眠くならない


見出し 副作用は?


漢方というと「副作用がない」と思いがちだが、漢方薬も 選び方や使い方 によっては、危ないこともある。
風邪などで処方されることの多い「小柴胡湯」などは、肝臓疾患の患者に肝機能改善の目的で投与されたところ、死亡8例をふくむ、肺炎に至るきわめて重い副作用を起こしている。
「漢方を使ってみようかな…」と思ったら、「漢方なら副作用は、まったくない」などという宣伝だけで押し通す薬局や医師には十分注意し、よく見きわめながら、 相談できる専門家 を探すことから始めよう!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。