healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
鼻づまりにはステロイド剤


見出し どんなはたらきをする薬?


異物を認識し、それを追い出す 免疫機能そのものを抑制 するので、激しい花粉症でも劇的に症状が抑えられる。くしゃみ、鼻水などの他、アレルギー全般の症状を抑えることができる。特に 炎症を抑える 力が強いので、一番治りにくい 鼻づまり に効く。使い始めて3日以内に効果が現われる。
しかしステロイド剤を使用している間は、鼻水や涙で外に出されていた他のアレルギー物質も、身体にフリーパスで侵入する。いくら効くからといって、ステロイド剤で抑えることばかりしていると、他のアレルギーを併発する可能性もある。


見出し どうやって使う薬?


花粉症で「もう、どうにも生活できない」という、ひどい症状のときに内服薬や注射で使用され、実際 劇的に効く
しかし、長い間使うと副作用が出やすいため、基本的には、なるべく使わない。 最後の 「頼みの綱」 として、とっておこう。そのためにも、症状が軽いうちに抗アレルギー薬で対処しておく。あるいは、内服や注射ではなく、なるべく ステロイド点鼻薬・点眼薬 で局所的に使用する。これならば、身体の中に吸収されにくく、されたとしてもすぐに分解されるため、効力が強い割に、全身的な副作用は、ほとんどない。


見出し 副作用は?


ステロイド剤は、短い期間で量を少なく使うのであれば、安全な薬だが、以下のような副作用には要注意! 使う量や期間 が問題なのだ。きちんと医師の指導を受け、正しい使い方をすることで、副作用を回避できる。


よくある副作用
  • 胃腸障害(悪化すると胃潰瘍、十二指腸潰瘍に)

ときどき起こりうる副作用
  • 顔などのむくみ
  • 高血圧、心不全、糖尿病など生活習慣病の悪化
  • 皮膚、髪の毛などが、弱くなるなどのトラブル
  • ウイルス、細菌などの感染が増加

長期間の使用で起こる副作用
  • 眼圧の上昇、緑内障
  • 精神的な不安定
  • 頭痛、めまい

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。