healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
こんなふうに花粉症


見出し 花粉症(アレルギー)の起きるまで


スギ花粉などが鼻や目に入ってくると、花粉症の諸症状が出るのは分かるが、ウイルスや細菌などとは異なり、本来身体に毒ではないはずの花粉で、どうしてこんなにツライ思いをすることになるのだろう?花粉症が発症するまでの経過を見てみよう!


花粉の吸入 抗原(アレルギーを引き起こす物質)となる花粉 が、ある量・ある期間、身体に吸い込まれ続ける。
どの程度の量や期間で花粉症が発症するのかは、個人の体質・健康状態・環境などによって違ってくる。
抗体の生成 入って来た花粉を、身体が「これはキケンな物質だ!」と判断した場合、次の花粉の来襲に備え、ボディガードを育成する。
そのボディガードとは IgE(免疫グロブリンE) というY字型の抗体だ。このY字の「足」にピッタリのレセプター(受容体)が、 肥満細胞 にある。ボディガードはそこに結合して、次に花粉が入って来るのを待ち構える。ちなみに肥満細胞とは、肥満の人にある細胞という意味ではない。太っているかのように見えるほど大きいので、そう呼ばれている。この肥満細胞は、 鼻の粘膜眼の結膜 はもちろん、身体のあちこちに存在している。
抗原抗体反応 IgE抗体が ある一定数そろい 、肥満細胞で体制が整った時に再び花粉(抗原)が入って来ると、IgE抗体のさまざまな攻撃( 抗原抗体反応 )が肥満細胞の上で展開する。 この攻撃が初めて行われた時が、 花粉症の始まり となる。
花粉そのものは本来、ウイルスのように身体に害をおよぼす「敵」ではない。しかし免疫系の異常で、花粉にピッタリのIgE抗体ができてしまったことで、この騒ぎは起きてしまう。
以降、一度始まった戦いは、花粉が入ってくる度に行われる。そして、多く花粉を吸い込むほど、激化していくのだ!
ヒスタミン遊離 IgE抗体が根をおろし、花粉への攻撃をする戦場となってしまった肥満細胞は、このドタバタに怒り、 科学伝達物質・ヒスタミン などをまき散らす。肥満細胞は、このヒスタミンを大量に抱え込んでいるのだ。
各症状の発現 そのヒスタミンなどが、鼻の粘膜の 知覚神経から脳へ 「敵が来たぞーー!」という情報を伝える。すると くしゃみ・鼻水・かゆみ という、防御システムがオンになる。これで、鼻の粘膜や、眼の結膜についた抗原(花粉)を取り去ろうとするのだ。
またヒスタミンは直接、血管にも作用し、 鼻づまり を起こす。これ以上、抗原(花粉)が入って来るのを阻止するためだ。
こうして「花粉症」の各種の症状が現われる。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。