healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
高脂血症の治療法


血液中の中性脂肪とコレステロールの値が高脂血症とされる基準を超えると、どのような治療が行われるのか。簡単にまとめてみよう。


血液中の総コレステロール量・中性脂肪値を測定する(健康診断など)

総コレステロール 基準値(220mg/dl)以上 基準値 基準値未満
中性脂肪値 基準値(150mg/dl)以上 基準値 基準値未満
HDLコレステロール 基準値(40mg/dl)未満 基準値 基準値以上

高脂血症の危険は?

高脂血症の疑いアリ。さらに詳しい検査で、動脈硬化などの危険性を調べる
・12時間絶食した上での血液検査により、LDLコレステロール値を算出することもある
・医師による問診(自分や家族がこれまで動脈硬化などにかかったことがあるかなど)

血液中の脂肪の量は正常値
その他の病気の危険は? 動脈硬化などの危険性が高い、または糖尿病などほかの病気にかかっている。 動脈硬化などの差し迫った危険はない
治療方法 食事療法と並行して薬物療法などを行う。運動療法は禁止されるケースが多い まず、食事療法と運動療法を指導されることが多い。ストレスを避ける、禁煙など生活指導も行われる。3ヵ月後ぐらいに再検査をし、変化がない場合、薬物療法を提案されることが多い。 ここで油断せず、脂肪のたまらない生活を送るようにしよう


見出しドット高脂血症を治す薬

高脂血症にはいくつかのタイプがあるが(詳しくはこちら)、以下のように、それぞれのタイプにあった、 高脂血症治療薬が開発されている。


高脂血症治療薬の分類
・主にコレステロールを下げる効果がある薬剤
・主に中性脂肪を下げる効果がある薬剤
・コレステロールと中性脂肪の両方を下げる効果がある薬剤

上述したように、高脂血症のタイプによって、また、動脈硬化などを起こす危険性が高い場合 は、食事療法と並行して薬物療法を行うことが多い。


見出しドット高脂血症はどのくらいで治るのか

健康的な食事 高脂血症は肥満と同じで、薬や手術で完治するものではない。治るのが早いか遅いかも、特殊なケースを除いて、本人の努力によって大きく違ってくるのだ。
しかし、一般的な病院で3ヵ月間食事療法や運動療法を指導し、それでも効果がないときは薬物療法に切りかえていることからもわかるように、 一朝一夕で治るものではないようだ。また、たとえすぐに治ったとしても、生活をもとに戻してしまっては、 意味がない。したがって、医師と相談して、無理せず長続きするような方法を実践していくのが一番である。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。