healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
「高脂血症」予備軍度チェック


高脂血症は自覚症状のない病気。動脈硬化や心筋こうそくなど致命的な事態になって初めてわかるなんてことも多い。次のチェックリストの項目で思い当たることが多い人は、すでに高脂血症になっているいるかも・・・。生活の見直しを図ると共に、1度病院で検査してもらうことをお勧めしたい。


見出しドット高脂血症になりやすい度チェック
太り気味である
必要以上に体に脂肪がたまると、いわゆる肥満になることが多い。脂肪は血液中を通って脂肪細胞に運ばれるため、血液中の脂肪も一般の人より多くなると考えられる。特にお腹に脂肪がたまりやすい「リンゴ型肥満」の人は注意

肥満解消、脂肪を落とすのが1番。

家族、親族に動脈硬化や心筋こうそく、狭心症などになった人がいる
高脂血症や動脈硬化の中には遺伝的な要因が大きいケースもある。ただし、これは「なりやすい体質」 ということ。必ず高脂血症になるわけではない。

日常生活に注意すれば避けられることが多い。

腎臓病、甲状腺機能低下症などにかかっている
上の病気にかかると、その症状のひとつとして血液中の脂肪が増えることがある。このほか、肝臓の病気や痛風などにも要注意

医師の指示に従う。


見出しドット高脂血症になりやすい生活チェック


脂っこいものが好き
当然といえば当然だが、サラダ油、マヨネーズなどの油脂類を摂り過ぎれば体内の脂肪も増えてしまう。肉類に含まれる油も同様。(詳しくはこちらへ)

改善策はこちらへ。
甘い物をよく食べる。または、お酒をよく飲む
糖質やアルコールを摂りすぎると、血液中で中性脂肪に変わってしまうのだ。また、アルコールの摂りすぎは脂肪肝や肝硬変の原因になることが多く、間接的に高脂血症を招くこともある。(詳しくはこちらへ)

改善策はこちらへ。
卵を1日に2個以上食べる
コレステロールを多く含む食品の摂り過ぎも高脂血症のもと。カロリーはそれほど高くなくてもコレステロールが多いという食品もあるので要注意。(コレステロールを多く含む食品についてはこちらへ)

改善策はこちらへ。
必要以上に歩いたり、運動したりはしない
日常生活に最低限必要なだけしか動かない場合、食べた分のカロリーを消費するのは無理。余分なカロリーが脂肪としてどんどん体内にたまることになる。

改善策はこちらへ。
生活が不規則で、寝る直前に食事をすることも多い
寝る直前に食事を摂ると中性脂肪がたまりやすくなる。遅くとも寝る2時間前くらいに食事を終えておきたい。

改善策はこちらへ。
喫煙の習慣がある
喫煙をすると血液中の善玉コレステロールを減らし、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまう。


見出しドット血液検査で中性脂肪値、コレステロール値をチェック

前述のチェックであてはまるものが多い人は、血液検査を含めた健康診断を受けることをお勧め。血液検査で中性脂肪値やコレステロールの量が基準値 より高いと高脂血症と診断され、食事療法、運動療法、薬物療法などを医師の指導の下に行なうことになる。

健康診断(血液検査)を受けたい方は、居住している自治体の保健課、健康推進課などで問い合わせてみよう。自治体によっては生活習慣病やがんの「健康診査」を常時行っているところもある。 この健康診査メニューの中に血液検査が含まれていることが多いのだ。診査費用は自治体によって差があるが、例えば筆者の住む自治体では血液検査も含めて4900円で受診することができる。自治体が行っていない場合でも、健康診断を行っている病院の紹介をしてくれることが多い。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。