healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ネバネバ細菌の正体はプラーク

見出し虫歯と歯周病の大きな原因
虫歯も歯周病も、直接にはこのプラーク(歯垢)が原因だ。歯みがき粉や歯ブラシの宣伝でも「プラーク・コントロール」と盛んにうたっている。しかし正確にその正体を知っているだろうか?

その正体が見えると、どうすれば良いのかも見えてくる!

プラークとは?
歯の表面についた白っぽいネバネバ。歯牙細菌苔とも言い、生きた細菌の大集団が苔のようにヘバリついているもの。
つまり、決して単なる食べカスではないのだ。このプラークをとり除くのが、歯みがきの最大の目的である。しかし歯みがきと言うと「食べカスをとるもの」と思っていないだろうか? その結果、食べカスだけとっても、ネバネバと引っついているプラークがとり切れていないため 「せっかく毎日、歯をみがいても虫歯や歯周病になっちゃった!」という事になるのだ。

歯石とは?
プラークに唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化したもの。「石」という字の通り硬くなり、歯ブラシだけでは取り切れなくなる。更に、表面がザラザラしているので、その上にもまたプラークがつきやすくなり、炎症がヒドくなる。

見出しプラーク(歯垢)の嫌〜な得意技

その1くっつく力が強くたまりやすい
その2白血球の食菌・殺菌作用を低下させる
その3組織を破壊する酵素を持っている
その4毒素で骨を溶かす破骨細胞を活性化させる
それによって歯や歯槽骨が溶ける

見出しプラークはナゼみがきにくい所にたまるのか?

細菌は、唾液が循環しやすい場所にいると、作っていく酸が拡散してしまう。細菌は酸性(pH5.5以下)が大好きなのだ。いわゆる「みがきにくい」場所、奥歯の溝や周り、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、治療で詰めた物やかぶせた物の周り、差し歯や義歯のつぎ目。そこは、唾液の循環しにくい所なので、強いネバネバ力で安心して集まってくっついていられるのだ。細菌が密集する事で作り出す酸の濃度は高くなり、歯が溶け虫歯になる。

プラークの性質をキチンと理解できれば、正しいケアのポイントがつかめる!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。