healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
辛いのが苦手な人のためのとうがらし克服法

 

とうがらしを食べると口の中がピリピリヒリヒリする。この感覚は辛みではなく痛みなのである。だから、「とうがらしが体にいいのはわかったけど、辛いのは苦手で・・・」という人がいてもおかしくない。でも、工夫すればこの感覚を少しはやわらげることができる。できるだけ辛さを感じないで済む食べ方や、辛さをやわらげる食品を紹介しよう。

 

冷たくして食べる
一般的に、温度が上がると化学反応が進み、下がると遅くなる。辛味も、とうがらしの辛味成分カプサイシンが舌の細胞に反応するものなので、温度が低い方が感じにくくなるのだ。だから、辛いのが苦手なひとは、なるべく冷えた状態で食べるといい。

緑茶を飲みながら食べる
カテキンには、皮膚や粘膜を保護する作用があり、舌の細胞にカテキンが接触すると、細胞が痺れようになって辛味をあまり感じなくなる。お茶の中でも、煎茶にカテキンは多く含まれてる。ウーロン茶や紅茶にも含まれてはいるが、辛味対策には、日本茶のほうがいい。ただし、麦茶にはカテキンは含まれていない。

牛乳を飲みながら食べる
ヨーグルトや牛乳などのタンパク質が、舌の細胞をカバーしたような状態になり、辛味が和らぐ。例えばタイ料理には、ココナッツミルクが使われているため、とうがらしが大量に入っていてもなんとなくマイルドな感じがするのだ。インドカレーにもヨーグルトがたっぷり入っているものがある。

 

以上のような方法でもやっぱりダメという人、もっと効率よくカプサイシンだけとりたいという人は、カプサイシンを含んだ「とうがらし健康食品」を試してみてはいかが?これは、ドリンクまたは錠剤であることが多いが、最近では種類も豊富になった。カプサイシンだけでなく、ほかのスパイスなどの有効成分を含んでいるものも多い。ただし、このような健康食品が、ダイエットなどにすぐ効くということはない。試すにしても、長期間続けてみないと意味がないので、経済的なことも考え無理のないものを選ぶようにしよう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。