healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ラー油、トウバンジャンを使いこなす中華風レシピ

 

以下に紹介する中華料理の辛味調味料は、皆さんお馴染みのものが多いはず。ただ、ラーメンやギョウザ、マーボ豆腐など、決まったもの以外にはなかなか使わず、冷蔵庫を見てみたら、いつしか賞味期限が切れていたなんて経験のある人もいるのではないだろうか。ここでは、いろんな料理に応用できるコツを紹介しよう。

 

見出しいろんな料理に合うラー油

 

ラー油は調理に使うより、食卓で好みに応じてふりかけることが多い。しかし、ラーメン、ギョウザだけではもったいない。下のような料理にも結構合うので、七味とうがらし、一味とうがらしと使い分けて、自分好みの味を見つけてみよう。


  • 和風や中華風のドレッシングをかけたサラダ(マヨネーズにも合うという声も)
  • 冷やっこ(わさびやしょうがとは合わないけど)
  • 洋風のスープ
  • カレーの辛味が足りないとき(コクも出ておいしい)
  • 筑前煮やきんぴらごぼう、切干大根煮など、油で炒めてから煮る日本料理
  • 炒め物

 

見出しトウバンジャン使いこなしレシピ

 

トウバンジャンの材料は、とうがらし、そら豆、食塩、酒精。中国四川省の名産だ。炒め物に使うときは、油の次にトウバンジャンを炒め、それから材料を入れるのがコツ。また、ほかの調味料と混ぜてタレとして使われることも多い。このほか、豆腐やごはんなど淡白なものなら、トウバンジャン+しょうゆだけでもおいしい。

 

手間なし・エビのチリソース風
photo

材料(2人分)
えび150g(冷凍のものは解凍して)、しょうが1/2かけ、にんにく1かけ、ねぎ1/4本、サラダ菜適宜、トウバンジャン小さじ1弱、中華スープカップ1/2、A{ケチャップ大さじ2、塩少々、酒大さじ1/2、砂糖小さじ2、水ときかたくり粉少々}

作り方
Step1 塩小さじ1/4、酒小さじ2、こしょう少々で、えびに下味をつける(気になる人は背ワタをとってから) 。
Step2 しょうが、にんにく、ねぎはみじん切りする。
Step3 サラダ油で、しょうが、にんにく、トウバンジャンをいため、香りが出たらえびを入れる。
Step4 えびの色が変わったらスープを加え、3分ほど煮たらAで調味してねぎを加える 。
Step5 サラダ菜を敷いた皿に、盛りつける 。

小さいエビのほうが背ワタが気にならないので、手間だけを考えるのならお勧め。エビのほかにイカやホタテの入ったシーフードミックスを使っても。薄く切った白身魚でもおいしい。

トウバンジャンのせるだけ冷やっこサラダ  
photo 材料(2人分)
豆腐、ほうれんそう、トウバンジャン、しょうゆをそれぞれ、お好みの量で

作り方
Step1 豆腐は水を切り、ひとくち大に切る(切らなくてもOK) 。
Step2 ほうれんそうはゆでて水にさらし、しぼって食べやすい大きさに切る。
Step3 いろどりよく皿に盛り、トウバンジャンとしょうゆをかけていただく 。

豆腐に添える野菜は、好みで。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。