healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
痛み止め、抗がん剤、ますます目が離せないとうがらし

とうがらしの辛味成分カプサイシンが体に及ぼす力ははかりしれない。胃を刺激して食欲が出るけれど脂肪を分解してダイエットの効果もある、汗を出させて体温を下げる一方で、体の別の部分では温度を上げる働きをしているなど、混乱してしまうくらいだ。でも、カプサイシンの力はこれだけにとどまらない。世界各地で行われているとうがらし研究をのぞいてみよう。


見出しとうがらしは痛み、かゆみをやわらげる

アジアやラテンアメリカでは昔から歯痛やしもやけの治療薬としてとうがらしを使ってきた。とうがらしを患部に塗ると、始めはピリリとした刺激を感じるが、そのうち痛みもかゆみも感じなくなるというのである。そのメカニズムは・・・


痛みを感じるメカニズム

患部にカプサイシンを塗ると


カプサイシンのすごいところは、痛みを伝達する物質だけを破壊すること。カプサイシンを塗っても、触覚や温度などはちゃんと感じることができるのだ。現在アメリカでは、カプサイシンをもとにして作られたヘルペス(神経にそって水疱が群がって出来、激しい痛みが起こるウイルス性の伝染病)の治療薬が認可されている。このほかにもリューマチやがんの痛みへの利用が研究されている。

なお、かゆみについても、痛みと同様に感じなくなるといわれ、アトピーや虫さされのかゆみ止めにとうがらしを勧める療法もあるようだ。しかし、傷のあるところにとうがらしを塗ってしまうと、激痛におそわれるなど、逆効果になってしまうこともあるので気をつけたい。


見出しとうがらしはガンにも効く?

「刺激物をとるとがんになりやすい」と言われるが、とうがらしの場合はどうなのだろうか。確かに、刺激性のある化学物質が大量に体内に入ると細胞を破壊したり変異を起こさせたりすることがある。このために、最近のとうがらしブームに眉をひそめるむきもあるようだ。

その一方で、カプサイシンが、がん予防に役立つという説もある。食べ物の焦げやたばこの煙に含まれる物質が、がんを引き起こす可能性が高いことはご存知の通り。体内には、これらの物質を発がん性のある物質に変えてしまう酵素があるのだが、カプサイシンにはこの酵素を非活性化する働きがあるらしいのだ。


見出し食べ過ぎると体を壊す可能性も

このほかにも、血液の凝固を抑えて血栓症の予防になる、とうがらしを使うことで塩分の摂取が減って、高血圧や糖尿病にいいなど、万能薬ともいえるとうがらし。しかし、だからと言って大量にとるのは逆効果、体を壊すもとだ。食べ過ぎて深刻な毒性を引き起こしたリ、胃腸を傷つけて胃かいようのモトになってしまうこともある。

とうがらしをどのくらい摂ると健康を害するのか、という研究も計画されているようだが、結果が出るのはまだまだ先のこと。現状では無理せず、おいしいと感じる範囲で食べるようにするのが一番なのである。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。