healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ビタミンたっぷり美肌効果

 

とうがらしは、日焼けによるシミ、しわや皮膚の老化などを防ぐビタミンCを大量に含む植物だ。ビタミンCを発見したことにより、1932年度にノーベル賞を受賞したハンガリーの医学者アルベルト・セント=ジェルジ博士。彼の発見は、とうがらしの仲間パプリカによってもたらされた。柑橘類の果実などでは量が少なくなかなか抽出できなかったのが、偶然調べてみたパプリカに大量に含まれていることがわかったのだ。

下の表は、とうがらしの仲間たちが含むビタミンC、ビタミンAの量をほかの食物と比べたもの。さすがにとうがらし100gは食べられないが、ピーマンなどなら調理も簡単、たくさん食べられそう。ピーマン+とうがらしで、強い日差しにさらされるお肌を内側から防衛しよう。

 

見出しとうがらしの仲間が含むビタミンC・ビタミンA

 

ビタミンA・Cは食品100g中の量
とうがらし(乾燥) 一味とうがらし ししとうがらし ピーマン 赤ピーマン
ビタミンA(IU) 11,000 1,600 160 150 520
ビタミンC(mg) 100 75 90 80 170

ほかの食品と比較してみると
みかん キーウイ トマト にんじん キャベツ
ビタミンA(IU) 65 36 220 4,100 10
ビタミンC(mg) 35 80 20 6 44

 

1日に必要なビタミンAの量は男性2,000IU、女性1,800IU。ビタミンCの量は50mgである。ビタミンAの方は、 にんじんやほうれんそうには到底かなわないが、ビタミンCの方は1日の所要量と比較しても十分な量。

料理などの材料として無理なく食べられる量は、ピーマンで1個、ししとうがらしは7〜8本くらい(約30g)。 どちらかを毎日このくらい食べれば、1日に必要なビタミンCの半分近く補給できる。冷蔵庫にぜひとも常備しておきたい1品だ。

 

見出しとうがらし栽培にも挑戦!

 

最近、花屋さんの店先でとうがらしの苗をよく見かけるようになった。植木鉢やプランターで手軽に栽培でき、赤い実と緑の葉っぱのコントラストが見た目もなかなかきれい、さらに料理にも使いやすいということで、人気を集めているようだ。

4月〜5月ころに苗を植え、夏〜秋が収穫の季節。来年は皆さんもトライしてみては?ただ、純粋に観賞用の品種(五色、旭光、ブラックプリンスなど)もあるので、購入するときは、食べられる品種(鷹の爪、八房など)かどうか確かめて。

photo

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。