healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
脂肪が燃える!? 注目のダイエット効果

とうがらしに含まれる辛味成分「カプサイシン」が、体の中の脂肪をバンバン燃やして「マイナスカロリー効果」があるらしい。寝ていてもやせられるなんて歌い文句もあるが、果たして本当か。そのメカニズムを紹介しよう。


見出しとうがらしで脂肪が燃えるメカニズム

脂肪が燃えるメカニズムを紹介する前に、体に貯まっている脂肪とは一体どんなものなのか簡単にまとめよう。

脂肪は、体を動かすのに必要なエネルギーのひとつで、大きく脂肪酸中性脂肪に分けられる。

脂肪酸 血液中に存在し、すぐにエネルギーに変えることができるもの
中性脂肪 脂肪細胞の中に貯えられる。脂肪酸が3つとグリセロールがくっついたもの

中性脂肪は基本的に、血液中にある脂肪酸などが少なくなると分解され、新たな脂肪酸として活動のエネルギーになる。
このことからこれまで、やせるためには以下の2つの方法しかないと言われてきた。

エネルギー源となる食べ物の摂取量をおさえて、中性脂肪を脂肪酸に分解させる
ウォーキングなどをたくさんして、中性脂肪を脂肪酸に分解させる

ところが、カプサイシンに中性脂肪を脂肪酸に変えてしまう働きがあることが、昨年、京都大学の研究グループにより発表された('98年4月 日本栄養・食糧学会)。そのメカニズムを まとめると以下のようになる。

カプサイシンが血液中に吸収される → 脳に運ばれ、内臓感覚神経を刺激する → 脳からの指令で、体に興奮作用を引き起こすホルモン「アドレナリン」が分泌される → アドレナリンによって体内にたまった脂肪が、エネルギーになりやすい脂肪酸に変わる

この実験はマウスによって行われたものだが、すぐに使えるエネルギー源となる「脂肪酸」が増えたせいか、マウスの持久運動能力も向上したという。つまり、とうがらしを食べた後に運動すれば、これまでよりも効率的にダイエットできるというわけである。


見出しとうがらしはマイナスカロリー?

イラスト

次に、『とうがらしマイナスカロリー説』を検証してみよう。

とうがらしを食べると、体内で熱が生み出される効果がある。これは食後6時間くらい続くようだ。体温も少し上がった状態(0.1度くらい)になり、そのぶん消費されるカロリーが増えるらしい。これが「マイナスカロリー」というわけだ。

では、具体的にどのくらいのカロリーが消費されるのだろうか。食べた物の10〜20%とか、カプサイシン入りの健康ドリンクを飲んだら90分でマイナス10kcal(あめ玉約1個分)とか、諸説あるようだが、まだきちんとした研究結果は出ていないのが現状。

最近は、「マイとうがらし」を持ち歩き、何にでもバンバンかけている人もいるようだが、とうがらしをたくさん食べた方がやせるというわけでもなさそうだ(もしそうなら、食べれば食べるほど熱が上がってフラフラになっているはず)。

「食べるだけで寝ていてもやせる」というのは本当のようだが、ほんのちょっとだけと考えたほうがいいだろう。やっぱり運動は必要なのだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。