healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
レントゲン検査って?

見出しレントゲンの検査で何を調べるのだろう?

レントゲン俗に言うレントゲンとは、X線検査の事を差し、手軽で身近な画像検査として、いくつかの病気が疑われる時に、その原因のふるいわけなどに用いられる。
X線は、骨や心臓などは通過しにくく、肺などは通過しやすいため、通過した後のX線をフィルムにあて感光させると、骨や心臓は白く、肺は黒く映るなどしてその形がよく判る。肺がん肺結核肺炎気管支炎肺気腫など肺の病気の他、心臓肥大大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)甲状腺の異常なども見つかる。

見出しレントゲンでもあの手この手

レントゲンというと、胸のあたりをただ映す、ちょっと古くさいもの?というイメージではないだろうか?
しかしカラダにかける負担が比較的少なく、手軽に見られるというメリットを生かし、最近では様々な方法で活用されている。
X線断層撮影 通常のレントゲンがカラダに水平な映像であるのに対し、横切り(断面)の映像を撮るもの。胸部でよく利用される
X線造影撮影 上部消化管造影 食道・胃・十二指腸などに硫酸バリウムを造影剤として入れ、鮮明な画像を撮るもの
注腸造影 肛門から造影剤を注入して、大腸の検査をする
血管造影 細い管(カテーテル)を介し、血管内に造影剤を入れる。血管が白く映り、詳しく観察できる

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。