healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
中性脂肪を減らす食生活 1


中性脂肪を減らす第一の方法は、食生活の改善。1日に必要な摂取カロリーを頭に入れて、その範囲内だけ食べるようにすることだ。
しかし、食生活に気を配らなくちゃいけないとは思っていても、忙しくてなかなか思い通りにいかないビジネスマン。毎食きちんとカロリー計算なんてことは到底不可能だ。
そこで提案。毎日の摂取カロリーと、朝、昼、夕食の献立パターンを大体決めて頭に入れてしまうのだ。実際ににどんなメニューにするかはパターンにそってその都度考えればOKだ。具体的な献立パターンについては中性脂肪を減らす食生活 2を。

見出し 1日の摂取カロリーの目安量を決めてしまおう

減量を頭に入れた場合の1日の摂取カロリーの目安は、以下の通りだ。

1日の摂取カロリーの目安= 標準体重{(身長−100)×0.9}× 25 〜 30kcal

例えば身長170cmの場合、
{(170-100)×0.9}×25〜30kcal=1575〜1890kcal
つまり、約1600kcal〜1900kcalになる。

身長150cm以下の人は0.9をかけなくてもよい。従って
(150-100)×25〜30kcal=1250〜1500kcal

1600kcalをとるか1900kcalをとるかは、日頃どのくらい体を動かしているかで決めるのが一般的。デスクワーク中心で通勤時間も短いという人なら低い方の値になる。ただし、突然大幅な食事制限に挑戦すると挫折してしまう場合が多い。最初は無理のないところから少しずつトライしよう。


見出し 中性脂肪を減らす食生活改善

高カロリー食品はなるべく避ける
摂取エネルギーを減らすためにまず見直さなくてはならないのは、肉類、糖類(ごはんなどの穀類やお菓子ジュースなど)の取りすぎ。食べる量を少なくするのはもちろん、同じ肉類でも赤身の部分を多く食べるようにするなど、質の改善も必要だ。糖類については、中性脂肪を減らす食生活 2の献立パターンを参考に1日の総量を決めること。特に間食やジュースなど、決めた以上にとらないことが大切。

高カロリー食品といえば油!
でも、炒め物や揚げ物などに大活躍の油を控えるのは、なかなか難しい。そこで、まずはバター、マーガリンドレッシング、マヨネーズなど調味料を控えることを考えよう。また、最近は「体脂肪がつきにくい油」など、健康を配慮したものも多く発売されているので、それらを活用するのも一つの手だ。詳しく知りたい方は、世界初!体脂肪がつきにくい油が登場へ。

野菜、特に食物繊維の多い食品をたくさんとる
野菜に含まれるビタミンやミネラルは、体の代謝を活発にするなどの重要な役目を担っている。また、血管の老化を防ぐなど、動脈硬化の予防にもつながる栄養素だ。海藻類やきのこ、乾物などに多く含まれる食物繊維は、生活習慣予防のために注目されている物質。腸内で中性脂肪や糖質を吸着して一緒に排せつさせてしまう働きもあるのだ。1日に食べたい野菜の量は300g。淡色野菜・緑黄色野菜・食物繊維が多い野菜・・・とバランスよく食べるようにしよう。


1週に3〜4回は魚類のメニューにする
同じ脂肪でも、魚類に含まれる脂肪は善玉(HDL)コレステロールを多く含んでいる。このコレステロールが血液中に増えると、中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールのたまり過ぎがまねく動脈硬化を防いでくれるのだ。このほか、最近、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるとして注目されている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。