healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
-
-

中性脂肪とコレステロールはどう違う?


ご存知の通り、コレステロールというのも脂肪の一種。中性脂肪と同じ様に、体に貯まりすぎると害になると言われているモノだ。それでは、コレステロールと中性脂肪、どこが同じでどう違うのか、お互い何か関係あるのか、簡単にまとめてみよう。

見出し 体内には4種類の脂肪が存在する

人間の体内には下の表のように、4種類の脂肪が存在する。中性脂肪は3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついたものだ。つまり、脂肪酸はすぐに使えるエネルギー、中性脂肪は貯蔵用のエネルギーというワケ。一方、同じ脂肪でもコレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料なのである。
脂肪酸
脂肪酸
生きていくために、また、活動するために必要なエネルギーとして利用される
中性脂肪
中性脂肪
トリグリセライドともいう。脂肪細胞の中に貯えられている。必要に応じて脂肪酸になり、エネルギーとして使われる
コレステロール
コレステロール
細胞膜の構成成分。ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料にもなる
リン脂質
リン脂質
細胞膜の構成成分。疎水性物質の親和性を保たせる


見出し コレステロールには善玉と悪玉がある

コレステロールには善玉といわれるHDLと、悪玉といわれるLDLがある。
LDLは食物から取り入れられたり肝臓で合成され、血液中を通って全身に運ばれて細胞膜やホルモンの合成に使われる。
ところが、血液中のLDLが増えすぎると血管壁の傷ついたところなどに付着し、結果的に血管を細くして、動脈硬化の原因になってしまう。
一方、HDLは血管に付着したLDLを取り去って肝臓に運ぶ働きをする。だから、体内に多ければ多いほどいいのだが、現代の日本人は逆パターンの人が多いようだ。
善玉コレステロールと悪玉コレステロール
コレステロールを増やす食品としては肉類が代表的。現代の肉中心の食生活で、LDLは増える一方なのである。


見出し 中性脂肪が増えると善玉コレステロールを減らしてしまう

高脂血症 最近、血液中の中性脂肪が増えると、善玉であるHDLコレステロールを減らし、悪玉コレステロール(LDL)が増えてしまうことがわかってきた。つまり、中性脂肪の増加によって動脈硬化を促進させてしまう可能性があるのだ。
これが「高脂血症」といわれる病気。血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが基準値を超えてしまった状態のことである。
高脂血症には中性脂肪値が高い「高トリグリセライド症」とコレステロール値が高い「高コレステロール症」がある。いずれも、この時点では自覚症状はほとんどなく、動脈硬化が起こって初めてわかるケースも多いのだ。


今週のおすすめ

healthクリックよりおしらせ

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。

Copyright(c)2014 Healthclick Co.,Ltd. All rights reserved.