healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
糖分やアルコールが体内で中性脂肪に変身する


「中性脂肪を減らすためには、からあげとかドレッシングなどを控えればいいのかしら?」
これは、半分マル、半分バツ。体内で中性脂肪に変わるのは、油脂類や脂肪を多く含む食べ物だけではない。我々の食物は、こんにゃくなどノンカロリーといわれるもの以外はすべて「エネルギー源」を含んでいる。中性脂肪に変わるのはこの「エネルギー源」なのだ。

見出し 体内に中性脂肪がたまるメカニズム

事務職の男性(30代)が1日の活動に必要とするエネルギーは2200kcal程度、女性(30代)1800kcal程度と言われるが、それ以上に食べてしまった分のエネルギーが中性脂肪として体内に貯えられてしまうのである。特に注意しなくてはいけないのが、炭水化物(糖分)、脂肪、アルコールなどエネルギーを多く含む食物だ。これらが体内でどのように中性脂肪に変わるのか、簡単にまとめてみよう。

口に入った食べ物は からあげに使われた油
サラダ油大さじ3 360kcal
※実際はもっと多く使う
あんまんに含まれる糖分
1個 約240kcal
ビールに含まれるアルコール
大ビン1本 約250kcal
小腸などから吸収される 脂肪酸とグリセロールに分解して吸収 ブドウ糖に分解、吸収 アルコールのまま吸収
血液を通ってエネルギー源として使われる
脂肪酸はすぐに使えるエネルギー。アルブミンというたんぱく質と一緒になって血液中を運ばれる。心臓など重要な器官を動かすエネルギー源だ。 ブドウ糖(血糖ともいう)は血液によって体中に運ばれ、脳などで活動を行うためのエネルギーとして使われる。 アルコールは肝臓で分解され、最終的には水と二酸化炭素になって排出される。お酒は結構カロリーが高いのだが、エネルギーとなるのはアルコール以外の成分だ。
余った分は・・・ 塩b酸3つとグリセロールがくっついたものが中性脂肪。血液中を全身にある脂肪細胞に運ばれ、細胞の中に貯えられる。 血液中のブドウ糖濃度(血糖値)があがると、「インスリン」という酵素が働いて、ブドウ糖を中性脂肪に変える。中性脂肪は脂肪細胞に貯えられる。 アルコール自体は中性脂肪に変わるわけではない。しかし、アルコールが分解される際に、脂肪の合成を進める酵素を発生させてしまうのだ。このため、肝臓で中性脂肪の合成が進んでしまう。そして、肝臓の中にある脂肪細胞の中に貯えられていくのである。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。